”Wi-Fiが繋がらない!”そんなときに試したい4つのこと

Wi-Fiは今では生活において欠かせない存在となりました。そんなWi-Fiがある日突然使えなくなってしまったら困りますよね。特に機械が苦手な方は何が原因でこうなったのか、どのように対処すれば良いのか分からないと思います。今回はそんな方に試してほしい4つの方法をご紹介します。

1.スマートフォンのWi-Fi設定を調べる

Wi-Fi設定が「オフ」になっていないか

スマートフォンなどのWi-Fi設定が「オフ」になっているとWi-Fiには繋がりません。設定が「オフ」になっていないか再度、確認をしてみましょう。また、「オン」になっていた場合でも一度「オフ」にしてから再度「オン」にすることで、Wi-Fiに繋がることがあるので、「オン」「オフ」を繰り返し試してみるのもオススメです。

パソコンの場合

パソコンに搭載されている「無線切り替えスイッチ(ワイヤレスLANスイッチ)」を「オン」に切り替えます。

機内モードが「オフ」になっているかを確認

それでもダメな場合に確認して欲しいのが、機内モードです。機内モードが「オン」に設定されていると、自動でWi-Fi接続がオフになるので注意が必要です。

2.Wi-Fiルーターを再起動してみる

スマートフォンやパソコンの設定に問題がないようでしたら、次にWi-Fiルーターの再起動を試してみましょう。ルーターの誤作動によってWi-Fiに接続できていないケースなら再起動することで改善されます。

①モデムとWi-Fiルーターの電源ボタンを押して、5分ほど放置
(電源ボタンが無い場合は、電源プラグをコンセントから外す)
②再度電源ボタンを押して、いつもと同じようにランプが点灯するまで2.3分待機
③Wi-Fiが繋がっているかスマートフォンなどで確認をして、速度をチェック

3.電波帯を変えてみる

1.2を試しても駄目な場合は、Wi-Fiルーターの電波帯を変えてみましょう。
Wi-Fiは2.4GHz帯と5GHz帯の2つの周波数帯が規格として定義されています。一般的に2.4GHz帯の周波数帯を使っている家庭が多いため、回線が混雑してしまい電波が届かないこともあります。電源を入れ直しても状態が改善されない場合は、周波数を5GHz帯に設定しましょう。
設定方法はお使いの機種によって変わってくるので、説明書などを見るのがオススメです。

4.Wi-Fiルーターの設置場所を変えてみる


Wi-Fiに限らず、電波は障害物があると届きにくくなります。
そのため、Wi-Fiルーターを部屋の隅や床・屋根裏・水槽や電子レンジの近く・金属製の棚や箱などに置いていると、それらの障害物によって電波が弱くなり、接続が不安定になる場合があります。そういった場合には、電波の届く範囲まで端末を移動したり、Wi-Fiルーターと端末の向きを変えるなどして、床から1~2mの高さに置き直しましょう。
また、Wi-Fiルーターは同心円状に電波を発信しています。部屋の隅にルーターを置くと電波の届かない場所ができてしまうので、家の中心となる場所に置くことが大切です。

中継器の導入も検討してみましょう

1~4を試しても駄目な場合は、中継器の導入も検討してみましょう。
中継器とは、Wi-Fiルーターと通信機器の間に設置することで、電波を届きやすくする機器のことです。Wi-Fiルーターの電波が届きにくい場所でも中継器を設置することで、電波が行き渡るようになります。

まとめ

5GHz帯域が使える無線LANルーターであれば5GHz帯を積極的に利用したり、2.4GHz帯域のみの古いルーターを利用したりしている場合は5GHz帯域に対応した製品への買い替えも検討してみてください。
また、WiFiナレッジでは、おすすめの家庭用Wi-Fiルーターもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。⇒GoogleWiFiと、TPリンクのDECOの違いを比べてみた!オススメはどっち!?