おすすめの無料VPNアプリ「WiFiプロテクト」。設定方法を画像付きで紹介!

駅やカフェなどが提供する公衆Wi-Fiを利用する際、充分なセキュリティ対策ができていますか?今回は、無料でVPN接続によるWi-Fi通信の保護ができるアプリ「WiFiプロテクト」の設定方法を、画像付きで詳しくご紹介します。

WiFiプロテクトとは


フリーWi-Fi接続アプリ「Town WiFi」を展開している、株式会社タウンWiFiが提供する無料のVPN接続アプリです。Wi-Fi利用時に自動的に通信を暗号化してくれるので、公衆Wi-Fiを安心して利用することができます。また、公衆Wi-Fi以外の自動保護も可能です。

VPNとは

VPN(Virtual Private Network)とは、距離の離れた拠点同士の間を仮想の専用線で繋ぎ、安全なデータ通信を実現する仕組みで、第三者から通信内容を盗み見られたり、データを抜き取られたりすることを防ぎます。

設定方法

実際に、アプリをダウンロードしてみました。

【Step1】

Wi-Fiプロテクトを起動し、「次へ」をタップします。

【Step2】

「WiFi通信を保護する」をタップします。

【Step3】

通知の送信を許可するか否かを選択します。この設定は後からでも変更可能です。

【Step4】

Wi-Fi通信を保護するにはVPNの設定が必要なので、インストールを行います。「保護するための設定をインストール」をタップすると次の工程に進むのですが、その際は英語のダイアログが表示されることが画面下に記載されています。英語のダイアログが表示されることや、どちらを選択すれば良いかを事前に教えてくれるのはありがたいですね。

【Step5】

前の画面でアナウンスがあったように、英語でVPN設定のダイアログが表示されます。「Allow」をタップし、VPN設定をインストールします。ちなみに、誤って「Don’t Allow」をタップしてしまっても前の画面に戻るだけなので、再度同じ手順でやり直すことができます。

【Step6】

VPN設定のインストールが完了すると、現在接続しているWi-FiのSSIDが表示されます。「接続しているWiFiを保護する」をタップすると、通信の保護が実行されます。

【Step7】

通信が保護された状態になると、上記のような画面に切り替わります。ステータスバーを確認すると、「VPN」のアイコンが追加されていることがわかります。「保護をやめる」をタップすると、VPN接続を解除することができます。
この時、下部に表示される「公衆WiFi接続時に自動的に保護」をオンにしておくと、関連アプリの「Town WiFi」で公衆Wi-Fiに接続した際、自動的に通信を保護してくれます。

【Step8】

自動保護を解除したい場合は、画面右上に表示される設定アイコンから変更が可能です。「自動的に保護するWiFiを設定」のページを開くと、接続した経験があるWi-Fiが表示され、自動保護の設定を切り替えることができます。

【Step9】

設定>一般>VPNで、インストールしたVPNの設定が確認できます。「WiFiProtect」と表示されている項目が、今回インストールした設定です。「状況」を接続に切り替えることで、VPN接続を行うことも可能です。

Town WFiアプリと組み合わせるとさらに便利に!


公衆Wi-Fiの場合、接続後ブラウザを開いてログインをしないとネットを利用することがないため、VPNによる自動保護を行うとログインができません。しかし、公衆WiFi接続アプリ「Town WiFi」と併用すると、Town WiFiが自動的にWi-Fiにログインし、WiFiプロテクトが自動的に通信を保護。安全かつ快適に公衆WiFiを利用することができます。

注意点


WiFiプロテクトは無料で通信保護ができる非常に便利なアプリですが、いくつか注意が必要です。

まず一つは、元々安全な「https」のコンテンツを閲覧するときや、セキュリティリスクが低い動画・音楽ファイルへのアクセスは保護対象外となっていることです。一般的に、暗号化機能は暗号化サーバーの費用が発生するため、有料でサービスが提供されることが殆どです。「WiFiプロテクト」では、暗号化サーバーへのアクセスを必要最低限に絞ることでサービスの無料提供を実現しています。そのため、保護の必要性があまり無いコンテンツやファイルは対象外となっているのです。しかし、保護が必要なコンテンツやファイルへのアクセスはしっかりと保護されるので、安全性については問題ないでしょう。

二つ目は、通信を保護する際に、タウンWiFi社が提供する暗号化サーバーを経由するため、通信速度が落ちてしまうことです。速度速度を優先したい場合は、通信の保護を解除することをおすすめします。

アプリ概要

アプリ名:WiFiプロテクト
価格:無料
互換性:iOS 9.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語:日本語、英語
販売元:株式会社タウンWiFi
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/wifi%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%88/id1302803544?mt=8

さいごに

公衆Wi-Fiを提供する企業や自治体が増え、外出先でも簡単にインターネットを利用できるようになりました。便利になった一方で、悪意のある第三者から通信内容をのぞき見されるリスクも高まっています。頻繁に公衆Wi-Fi利用する方は、今回ご紹介したWiFiプロテクトのように、セキュリティ対策ができるアプリを利用するようにしましょう。また、Wifiナレッジでは、自宅やオフィスで利用しているWi-Fiのセキュリティを強化したい方への無料相談を承っています。ご興味のある方は、専用ページよりお問い合わせください。