自宅のwifi電波が届きにくいときの対処法

家の中にwifiルーターを設置しているけど、リビングや寝室、台所など場所によって、電波が届きにくいということはありませんか。
wifiの電波は障害物に弱く、壁や床などを隔てると電波が弱くなってしまいます。
電波が届きにくい場合は、設置場所を工夫したり中継器を設置するなど対処することで大幅に改善します。

wifiルーターはどこに設置するのが良い?

置き場所がなかったり、コンセントに近いからと、wifiルーターを壁際や家の隅の方に設置していませんか?
wifiルーターは置く場所によって、電波の強弱が大きく変わってしまうので、その特性を理解してきちんと「電波が行きわたりやすい場所」に設置しましょう。

ポイント① 高めの場所に設置

電波は、水平方向に強く飛ぶ性質があります。椅子やソファなどに座る位置や、机の高さより高めの位置に設置すると電波が届きやすいです。
目安は、床から1m~2mくらいの高さです。

ポイント② 家の中心に設置

電波は、wifiルーターを中心に全方向に進みます。そのため、部屋の隅っこに置くと、電波が届きにくいところが出るため、電波を隅々に届かせたい場合は、なるべく家の中央にあたる場所に設置しましょう。

ポイント③金属製の棚への設置はNG

電波は、金属に吸収されやすい特性があります。そのため金属製の棚近くに設置すると電波が弱まってしまいます。

ポイント④花瓶や鉢植え、水槽など湿気を含む物の近くはNG

電波は、水に吸収されやすい特性もあります。水や湿気が含まれる物が近くにあると、電波が弱まってしまいます。

ポイント⑤ コンクリートの壁や床はNG

電波は、壁などの障害物に弱いです。wifiルーターメーカーは商品説明のときに「床や壁を隔ていても電波が届く」と宣伝していますが、木造建築の場合など条件つきです。
コンクリートの壁に挟まれている場合は、電波は安定して届きにくいです。

今、wifiルーターの設置場所が、ポイント①~④のいずれかに当てはまる場合は、まずは設置場所を変えてみてください。
⑤の場合は、場所を変えただけでは改善が難しい場合が多いです。

周波数を変えたら大丈夫??

一般的には、2,4GHzは電波が届きやすいと言われています。
弱点としては、電子レンジなども同じ周波数のため電波干渉を起こしやすいです。
また、bluetoothも2,4GHzの周波数帯で電波干渉を起こす可能性があるので、wifiは5GHzにしておくのが良いでしょう。
ただ、2,4GHzだろうが5GHzだろうが、結局のところ、いくら周波数変えてもコンクリートなど建築構造的にNGな場合は、電波は届きません。

設置場所では改善出来ない場合はどうしたらいい??

置き場所を変えても電波が届かない場合は、中継機を利用してみましょう。中継機は2000円台~1万円程度と値段も手ごろです。
wifiルーターの電波が中継機を経由して電波が広範囲に届くので、手軽に電波エリアを拡大できます。
ただ、電波が届きにくい原因が、コンクリート壁や床などの場合は、そもそもコンクリートで遮断されてしまうので、中継機を設置してもあまり意味はありません。
もしコンクリート住宅で、1階と2階で使いたいという場合は、それぞれ、wifiルーターを設置した方が良いでしょう。

まとめ

電波の特性を理解して、wifi設置場所を考えることが大切です。
コンクリート壁の場合は、電波の強度を考えれば使いたいスポットそれぞれwifiルーターを設置するのが望ましいです。
ただ難しい場合は、例えば、1階でwifiルーターを設置している場合は、2階の階段付近にスマホを持っていき、電波状況を確認して、安定して受信できている場合は、その近くに中継機を設置するという方法で改善できる場合もあります。
まずは、現在のwifiルーター設置環境を確認してひとつひとつ改善していきましょう。

関連タグ

  • wifi
  • wifiルーター