SIMフリーのモバイルwifiルーターの選び方

2015年はSIMロックフリー元年となりましたが、スマホのSIMフリーと同じように、モバイルwifiルーターにもSIMフリー端末があるのをご存じですか?
モバイルwifiルーターで格安SIMを利用することで、自由度の高い契約が選べ価格も安くなります。
そこでSIMフリーモバイルルーターの選ぶ際の注意点やメリットデメリットを紹介します。

そもそもSIMフリーとは

スマホや携帯、タブレットには、SIMカードというICカードが挿入されています。
SIMには電話番号などの携帯ネットワークに接続するための情報が入っており、このSIMカードを別のスマホと入れ替えれば、入れ替えたえたスマホ会社のネットワークに接続できるようになります。
SIMフリーになった結果、ドコモやau、ソフトバンクなど携帯キャリアの制限なくスマホやタブレットが利用できるようになり、さまざまな会社(MVNO)の格安SIMを使うことができるようになりました。
そして、モバイルwifiルーターも同様に、SIMフリー端末を使ってお得に利用できるようになりました。
※MVNOとは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略で、docomoやソフトバンク、auなどの携帯キャリア会社の通信インフラを借りて、独自のサービスを加えて提供する企業のことです。

SIMフリーモバイルwifiルーターを使うメリット

メリット1:利用料金が安い

MVNOの格安SIMの場合、キャリアのwifiモバイルルータ―に比べて格安で利用できます。
初期費用として端末を購入(約1万円~3万円)する必要がありますが、それ以外の月額利用料などは格安で利用できます。
キャリアのモバイルルーターは端末代金がかからない場合が多いですが、その分月額の料金に加算されて割高になります。

メリット2:契約期間の縛りがない場合が多い

キャリアの場合は、途中解約する場合は違約金が発生することもありますが、MVNOの場合、解約金がかからないケースが多いです。

メリット3:キャリアの電波を使うので繋がりやすい

すでにあるキャリアの通信インフラを利用するので、「良く知らない会社のサービスだから」「格安だから」といって品質が落ちることはありません。

SIMフリーモバイルwifiルーターを使うデメリット

デメリット1:月々のデーター通信量が少ない場合がある

MVNOの場合は、データ通信量を少なめにすることで、コストを抑えてる場合が多い。
上限を上げることも可能だが、コスト面でのメリットは薄くなる。

デメリット2:キャリアよりは通信速度はやや遅め

キャリア回線を使っているとはいえ、通信速度はやや遅めでキャリアほどの速度では使えない。

主な用途として、サイト閲覧やメールのやり取りなどの利用であまり容量を必要としない場合は、格安SIMが良さそうですが、頻繁に動画を閲覧するなど容量を使う場合は上限を上げることになるため、料金も上がってしまい格安SIMを使うことによるコスト面でのメリットはあまりないかもしれませんね。

購入時の注意点

SIMフリーのモバイルwifiルーターを購入するときの注意点として、

1、SIMのサイズを確認

SIMサイズには、「標準SIM」「micro SIM」「nano SIM」の3タイプがあります。サイズが違うと当然ですが利用できません。
端末ごとで利用できるSIMカードのサイズは異なるので必ず確認しましょう。

2、通信方式や周波数帯のチェック

対応していない通信方式のSIMカードをモバイルwifiルーターに入れても、つなぐことはできません。購入時は必ずチェックしてください。

おススメSIMフリーのモバイルwifiルーター

ここで、おススメのSIMフリーのモバイルルーターを紹介します。

■AtermMR05LN(NEC)
wifimr05ln

【市場価格】2万2680円
【速度】下り速度最大375Mbps
【バッテリー】連続通信時間最大14時間
【対応SIM】nanoSIM
【特徴】デュアルSIM対応で国内、海外でSIMカードを使いわけることができる。
3つの周波数帯を束ねて通信を高速化する「3CA※3」技術対応による通信高速化。

参照元:http://www.aterm.jp/support/mr05ln/index.html

■Mobile Wi-Fi E5383(Huawei)
wifi-e5383
【市場価格】1万8873円
【速度】下り速度最大300Mbps
【バッテリー】連続通信時間最大13時間
【対応SIM】Micro SIM
【特徴】
LTECat.6に対応し、高速通信可能なモバイルルーター。
通信が一定時間ない場合は、自動で省エネモードに切り替わる設定も可能。
wifi同時接続台数10台

参照元:http://consumer.huawei.com/jp/mobile-broadband/features/e5383-jp.htm

■MF920S(ZTE)
wifimf920s

【市場価格】1万2438円
【速度】下り速度最大150Mbps
【バッテリー】連続通信時間最大14時間
【対応SIM】標準SIM
【特徴】
スマホやPCのブラウザから簡単に設定できるWeb-UIを採用
wifi同時接続台数は最大10台

参照元:http://www.ztemobile.jp/products/mf920s.html

まとめ

SIMフリーモバイルルーターとキャリアのモバイルルーターでは、月々の料金に倍以上の差があるため、端末を買ったとしてもMVNOにモバイルルーターにした方がお得です。
また、料金プランも幅広く、月額1000円未満で利用できるMVNOもあり、選択肢が非常に広いため、用途に合わせた選び方ができることも魅力です。
「そこまで使わないよ」という人には、月々の料金も安く、いつ辞めても違約金がない格安SIMの方がメリットが大きいですね。