新しい無線LAN規格「Wi-Fi6」とは? Wi-Fiとの違い、対応機種などをチェック!

皆さんは“Wi-Fi6”という言葉を耳にしたことがありますか?Wi-Fi6とは、現在注目を集めている次世代のWi-Fi通信規格です。これまでのWi-Fiとは何が違うのか、いつごろから普及すると予想されているのかなど、Wi-Fi6についてご紹介いたします。

Wi-Fi6とは?


Wi-Fi6は、現在標準化が進められている新しい無線LAN通信の規格であり、正式名称は「IEEE 802.11ax」です。

これまで、Wi-Fi規格の名称には「IEEE 802.11」という文字列が使われていましたが、よりユーザーに分かりやすいものにするため、無線LANの標準化団体Wi-Fi Allianceにより規格の名称変更が行われました。それにより、新しい「IEEE 802.11ax」は「Wi-Fi6」、現在主流となっている「IEEE 802.11ac」は「Wi-Fi5」、その一つ前にできた規格である「IEEE 802.11n」は「Wi-Fi4」と呼ばれるようになりました。

Wi-Fi6と従来のWi-Fiの違いは?


Wi-Fi6と従来のWi-Fiとの大きな違いは、通信速度と消費電力です。

通信速度は「11ac」の4倍!?

まず特筆すべきは、大きく向上された通信速度です。Wi-Fi6の最大通信速度(理論値)は9.6Gbpsと言われており、現在殆どの製品が対応している「IEEE 802.11ac」と比較すると、なんと最大で4倍にも速度が向上するのだとか。また、Wi-Fi6では5GHz帯だけではなく2.4GHz帯も改善されており、様々な状況に合わせた通信が可能となっています。

MU-MIMOの接続台数が2倍に

MU-MIMOとは、複数の端末にデータを送信できる技術のことです。端末ごとに異なる電波を送信することで、速度低下を防ぐことができます。Wi-Fi6では、「11ac」では4台までだった接続台数が8台にまで増えています。さらに、通信密度も高まるため、多くの端末が1つのルーターに接続した場合でも安定した通信が保てます。

省エネルギー

Wi-Fi6の特徴として、消費電力が少なくなったことも挙げられます。Wi-Fi Allianceによると、ターゲットウェイクタイム(TWT)という技術により、Wi-Fiデバイスのバッテリー寿命が大幅に向上しているのだとか。スマートフォンやノートパソコンなどのバッテリーが長持ちすると考えると、とてもありがたい機能です。

5G時代に対応した規格


Wi-Fiと並び話題になっているのが、次世代モバイル通信規格の「5G」です。最大で20Gbpsという高速通信を実現し、日本国内では2020年頃にサービスが開始されると言われています。5Gが普及すれば、当然、5Gでデータ通信を行うことを前提としたサービスが登場してきます。しかし、従来の規格では通信速度や安定性が足りず、力不足となる可能性があります。
その点、Wi-Fi6であれば、5Gが前提とされているサービスでも十分に対応することができます。来るべき5G時代には、Wi-Fi6対応製品を揃えておきたいものですね。

Wi-Fi6はいつから使える?


具体的な日付はわかっていませんがWi-Fi6が承認されるのは2019年後半から2020年前半とされています。2020年以降に5Gを前提としたサービスが生まれる可能性を考えると、早めに使えるようになってほしいところです。

Wi-Fi6対応製品

実は、Wi-Fi6に対応した製品は既に登場しています。それが、2018年12月に発売されたASUSのWi-Fiルーター「RT-AX88U」、2019年3月に発売されたNETGEARの「Nighthawk AX8」です。どちらも従来の「11ac」対応製品よりも格段に速い通信が可能とされており、価格は5万円前後です。一般的なWi-Fiルーターに比べて高額ですが、いずれルーターを買い替える予定がある方であれば、早めに購入するのも良いかもしれません。

ASUS「RT-AX88U」

参照:https://www.asus.com/jp/

NETGEAR「Nighthawk AX8」

参照:https://www.jp.netgear.com/

一方、Wi-Fi6対応のデバイスは残念ながらまだ発売されていません。ところが、2019年中には、Wi-Fi6に対応するスマートフォンやパソコンが登場する可能性が高いと予想されています。秋冬モデルの発表に注目してみましょう。

さいごに

IoTという言葉が広がり、スマートフォンやパソコン、家電など、以前とは比較にならない程Wi-Fiに接続する機器は増加し、いずれ従来の通信技術では太刀打ちできなくなってしまいます。Wi-Fi6という新たな規格の登場は、そうした状況を回避するために大きな転機です。Wi-Fi6の承認や対応製品の登場が今から楽しみですね。

WiFiを安く導入するならレンタルプラン

関連タグ

  • wifi
  • wifiルーター