Wi-FiのSSID・パスワードがわからない or 忘れてしまったときの確認方法

Wi-Fiが普及してきたことで、自宅でも外出先でも、Wi-Fiに接続する機会がグッと増えてきましたね。Wi-Fiに接続する際に必要となるのがSSID(ネットワーク名)とパスワードの入力ですが、「確認方法がわからない」、「うっかり忘れてしまった」という経験がある方も多いはず。そこで今回は、Wi-FiのSSIDとパスワードの確認方法をご紹介いたします。

自宅のWi-Fiの場合


新しく購入した機器をWi-Fiに接続しようとしたものの、パスワードを忘れてしまったという方もいるかと思います。自宅で使っているWi-FiのSSIDやパスワードは以下の方法で確認することができるので、参考にしてみてください。

Wi-Fiルーター本体のシールを見る

Wi-Fiルーターの側面や裏面、カバーの内側などには、SSIDやパスワードが書かれたラベルが貼られていることが多くあります。自宅のWi-Fiの情報を確認したいときは、この方法が簡単です。ただし、ラベルに記載されている情報は、あくまで初期設定のものです。もし購入後に自身でネットワーク名やパスワードを変更していた場合、この方法は意味がないのでご注意ください。

WiFiを安く導入するならレンタルプラン

セキュリティ面が不安という方には、ポケットに入る軽量サイズにもかかわらず、外出先で高速Wi-Fiが利用可能になる、ワイヤレストラベルルーターがおすすめです!是非ご利用になってみてはいかがでしょうか!

Wi-Fiルーターのマニュアル・設定カードを確認する

ルーターを購入した際、小さなカードを見たことがあるかと思います。メーカーによって呼び名は様々ですが、これらは「設定カード」や「セットアップカード」などと呼ばれており、SSIDやパスワードが書かれています。また、SSIDやパスワードは、Wi-Fiルーターのマニュアルに記載されていることもあるので、カードが見つからないときはマニュアルも確認してみましょう。なお、先程のルーター本体のシール同様、こちらも書かれているのは初期設定の情報なので要注意です。

アプリで確認する

最近のWi-Fiルーターは、専用アプリで設定や管理ができるものが増えています。主に、アプリの設定画面等からSSIDやパスワードが確認できます。しかし、Wi-Fiに接続されていないと利用できないアプリもあるため、確実な方法とまでは言い切れません。

Wi-Fi接続済みのパソコンから確認する

もし他に同じWi-Fiに接続しているパソコンがあれば、そこからWi-FiのSSIDやパスワードを確認する方法もあります。

Windowsの場合
Windowsのパソコンを使用している場合は、「ネットワークと共有センター」から確認することができます。まず、コントロールパネルから「ネットワークと共有センター」を開き、現在接続されているネットワークを選択します。そこから「ワイヤレスのプロパティ」を表示し、「セキュリティ」のタブを選択します。すると「ネットワークセキュリティキー」という項目が表示されます。これがそのWi-Fiのパスワードです。デフォルトは●で表示されていますが、「パスワードの文字列を表示する」にチェックを入れると文字列を確認することができます。

Macの場合
Macのパソコンを使用している場合は、「iCLOUDキーチェーン」という機能を使います。「アプリケーション」から「iCLOUDキーチェーン」を開き、接続されているWi-Fiを選択します。するとネットワークの詳細情報が表示されるので、「パスワードの表示」をクリックしてください。するとユーザー名とパスワードを要求されるので、Apple IDとパスワードを入力すればWi-Fiのパスワードを確認することができます。

外出先で使うフリーWi-Fiの場合


近年では、フリーWi-Fiを提供しているカフェやファミレスも増えてきましたよね。そのようなお店では、座席やレジの近くに、Wi-FiのSSIDとパスワードが書かれたステッカーが貼られていることが殆どです。スマートフォンやパソコンのネットワーク設定画面を開き、ステッカーに記載されているSSIDを選択してパスワードを入力すれば接続できます。
なお、店舗によっては、パスワードを入力するのではなく、メールアドレスの登録が必要なところもあります。

※注意点※
フリーWi-Fiを利用する際には、パスワードの有無に関わらず、重要な情報はやり取りしないように心がけましょう。

合わせて読みたい!
フリーWi-Fiにはリスクがある!?フリーWi-Fiを安全に使うためのポイント

さいごに

SSIDとパスワードを確認する方法をご紹介しましたが、何よりも大切なことは、きちんと情報を管理することです。パスワード管理ができるアプリ等を使い、万が一忘れてしまっても直ぐに確認できるようにしておきましょう。

WiFiを安く導入するならレンタルプラン