集客対策にも!業種・業態別のおすすめWiFi活用法【事例つき】

私たちの日常生活のなかでは、もはや欠かせない存在となっているWi-Fiですが、近ごろでは店舗やオフィスなどにおいても、ほとんどマストなインフラとなりつつあります。

今回は、店舗やオフィスにおけるおすすめのWi-Fi活用方法を、集客対策としての観点からそれぞれの業種や業態ごとに分けて、わかりやすく解説していきます。

店舗やオフィスにWiFiを導入するメリットは?

店舗へのWi-Fi導入と聞くと、まず真っ先に思い浮かぶのは「顧客へのフリーWi-Fiスポットの開放」ではないでしょうか。

フリーWi-Fiを設置することによって、顧客満足度の向上や待ち時間のストレス緩和などの多くのメリットが期待できるのと同時に、タブレットやサイネージの導入なども検討することができるため、集客ツールとしての運用や業務効率の改善にも役立てることができます。

また近ごろでは、あらゆるモノがインターネットにアクセス可能な「IoT(Internet of Things)」の製品群が普及を見せているということもあり、こうしたプロダクトを活用することによって、より最適なマーケティングフローを構築することが可能になりました。

お店の集客に!安くWi-Fiを設置したいならWi-Fiレンタルをチェック!

家庭用WiFiと業務用WiFiの違いって?

Wi-Fiルーターの製品には「家庭用途に適したWi-Fiルーター」と「業務用途に適したWi-Fiルーター」の主に2種類の製品が存在します。

両者とも基本的な仕組み自体に大きな違いはありませんが、業務用途に適したWi-Fiルーターは、通信速度・電波強度・同時接続可能台数・セキュリティ対策などの性能面において家庭用途のものよりも優れており、より多人数で大容量の無線通信を行うことができます。

特に、店舗やオフィスでの利用に際しては、通信速度が遅かったり、セキュリティ対策が脆弱であったりすると、生産性の低下や顧客情報の漏洩などのリスクを引き起こしてしまうため、可能な限り業務用途の利用シーンにも耐えうるWi-Fiをおすすめします。

業務用Wi-Fiを格安でレンタルできる?詳細はこちらから

業種・業態別!おすすめWiFi活用法

ここからは、それぞれの業種や業態ごとに分けて、おすすめのWi-Fi活用方法を簡単にご紹介いたします。

まずはWi-Fiを導入することによって一体どのようなことが実現できるのか、順を追って見ていきましょう。

まずは格安レンタルから!店舗へのWi-Fi導入をチェック

飲食店・小売店

飲食店や小売店などのサービス現場においては、Wi-Fiタブレットを導入することによって、新しいオーダー・在庫管理システムの構築を行うことができるようになります。

ハンディターミナルを利用した従来の業務システムを廃止することで、注文オーダーや商品在庫の管理などを、タブレットから一括して把握することができるようになるため、生産性の向上や業務効率の改善、ランニングコストの削減などの効果を見込むことができます。

病院・クリニック

病院やクリニックなどの医療現場においては、院内にフリーWi-Fiスポットを設置することによって、患者の待ち時間のストレスを緩和させることができるようになります。

また、院内のフリーWi-Fiスポットにアクセスしている端末に対して、プッシュ通知を送信することができるようになるため、特定患者の呼び出し時や院内情報の発信時などにも、便利に役立てることができます。

学校・学習塾

学校や塾などの教育機関においては、Wi-Fiを設置することによって、校門やエントランス部分へのデジタルサイネージの設置を検討することができます。

特に、教育現場などでは、昨今の新型コロナウイルスによる集団感染のリスクも危惧されていることから、温度検知が可能なデジタルサイネージを設置することによって、より強固な感染防止対策を実施することができるようになります。

宿泊施設・レンタルオフィス

宿泊施設やレンタルオフィスなどの不特定多数の往来が激しいシーンにおいては、Wi-Fiを設置することによって、スマートロックシステムの導入を検討することができます。

電子的な暗号キーを複数人でシェアすることができるスマートロックシステムは、鍵の解施錠や入退室履歴の管理などもスマートフォンを経由して行うことができるようになるため、不特定多数での利用が想定される宿泊施設やコワーキングスペースでの利用に最適です。

店舗・オフィスでのWiFi活用事例

上記で提案してきた活用方法のように、フリーWi-Fiスポットの設置などは、たしかに多くのメリットを見込むことができますが、Wi-Fi導入の真髄は「IoT(モノのインターネット化)」の活用にあると言えるでしょう。

小売店の代表的なIoT活用事例としては「セルフレジ」の導入というものが挙げられます。

株式会社ローソンでは、2018年からスマートフォンのアプリケーションを利用した「ローソンスマホレジ」の提供を開始しています。

商品のバーコードをスマートフォンのアプリケーションで読み取ることで支払いを完結させられるため、待ち時間ストレスの解消や店舗の回転率向上などにも大きな効果を発揮しているということです。

セルフレジの導入によって従業員不足による生産性の低下を解消できるだけではなく、人件費などのコスト削減効果を見込むことができるため、積極的に導入していきたいですよね。

近ごろでは、従来型のレジシステムを廃して、タブレット端末をレジの代わりとして活用するなどの動きも活発化を見せ始めており、小規模店舗においてもIoTの導入と活用が進むようになっています。

Wi-Fiの導入で業務効率は改善できる?格安レンタルの詳細はこちら

まとめ

今回は、店舗やオフィスにおけるおすすめのWi-Fi活用方法を、集客対策としての観点からそれぞれの業種や業態別に分けて、簡単にご紹介いたしました。

店舗やオフィスにWi-Fiを導入することによって、集客対策はもちろんのこと、業務の効率化やランニングコストの削減、また、IoTやAIの技術革新によるマーケティングフローの最適化などを図ることができるようになります。

しかし、Wi-Fiとは一口に言うものの、具体的な製品や種類に関しては、さまざまなラインナップから展開されているうえ、店舗や従業員の規模によっても適切なサービスは異なります。

店舗へのWi-Fi導入の際には、まずはプロへの無料相談を通してWi-Fi全体の相場感の比較やサービス選択のポイントなどを押さえておくことが重要と言えるでしょう。

買うよりも断然お得!WiFiレンタルの無料相談はこちらから