新型MacがついにWi-Fi6に対応!気になる価格や発売日、スペックは?

現地時間2020年11月10日(日本時間11日午前3時)より開催されたApple主催のオンラインイベント「One more thing.」にて、新型Macシリーズの発売がアナウンスされました。

前回までのiPad AirApple WatchiPhone12の発表に続いて、今回の発表では、Apple内製の独自プロセッサであるApple Silicon(アップルシリコン)を搭載した新型Macシリーズの発売がアナウンスされたことで、界隈では大きな注目を集めています。

今回は、新型Macシリーズの気になる価格発売日スペックなどに焦点をあてながら、Mac史上初となるWi-Fi6」への対応についても、わかりやすくまとめていきます。

新型Macシリーズの特徴

今回の発表でアナウンスされた新型Macシリーズのラインナップは合計3機種です。

持ち運び可能なモバイルPCであるMacBook AirMacBook Proに加えて、据え置き型のデスクトップPCであるMac miniの、あわせて3つの新機種が発表されています。

>自宅のネットに不満を感じたら?まずは「プラットWi-Fi」を試してみよう!

CPUに「Apple M1チップ」を採用

コンピュータの心臓部分にあたるCPUと言えば、Intel社の開発するCore iシリーズや、AMDが製造を手がけるRyzenシリーズなどが有名なところではないでしょうか。

今回の新型Macシリーズでは、従来シリーズに長年搭載されていたIntelプロセッサを撤廃し、Appleが新しく独自開発を行った「Apple Silicon(アップルシリコン)」にあたる、通称Apple M1チップが採用されており、処理能力省電力性能が大幅に向上しているということです。

処理能力が飛躍的に向上

M1チップの採用によって、CPUの処理能力は前の世代と比べておよそ3倍ほどの向上を見せています。

また、映像表現や画像処理をつかさどるグラフィックス性能に関しても、従来モデルと比較しておよそ5倍ほどの向上を見せているということです。

バッテリー駆動時間も改善

処理能力だけではなく、省電力性能においても大幅な改善を見せており、MacBook Airに関しては最大18時間のバッテリー駆動時間を、MacBook Proに関しては最大20時間もの長時間駆動を実現させています。

このようなバッテリー駆動時間の長時間化からも、M1チップ採用による恩恵は、処理能力の向上だけではないことがうかがえます。

新型Macの価格・発売日・スペック

最先端の技術を詰め込んだ新型Macシリーズですが、気になるのは本体の価格発売日スペックなどについてではないでしょうか。

ここからは、それぞれの機種の販売価格や発売日、スペックなどを中心にざっくりとご紹介いたしますので、まずは順を追って見ていきましょう。

MacBook Air(M1チップモデル、2020)

画像引用:Apple公式サイト

販売価格:104,800円(税別)から
発売日時:2020年11月17日
画面サイズ:13.3インチ
搭載CPU:Apple M1チップ(8コア)
内蔵メモリ:最大16GBまで増設可能
SSDストレージ:最大2TBまで増設可能
バッテリー駆動時間:18時間(動画視聴時)
Touch Bar:-
Touch ID:あり

MacBook Pro(M1チップモデル、2020)

画像引用:Apple公式サイト

販売価格:134,800円(税別)から
発売日時:2020年11月17日
画面サイズ:13.3インチ
搭載CPU:Apple M1チップ(8コア)
内蔵メモリ:最大16GBまで増設可能
SSDストレージ:最大2TBまで増設可能
バッテリー駆動時間:20時間(動画視聴時)
Touch Bar:あり
Touch ID:あり

Mac mini(M1チップモデル、2020)

画像引用:Apple公式サイト

販売価格:72,800円(税別)から
発売日時:2020年11月17日
画面サイズ:-
搭載CPU:Apple M1チップ(8コア)
内蔵メモリ:最大16GBまで増設可能
SSDストレージ:最大2TBまで増設可能
バッテリー駆動時間:-
Touch Bar:-
Touch ID:-

Mac史上初の「Wi-Fi6」にも対応

先月発表されたばかりのiPhone12では、次世代の通信規格にあたる5G」への対応がアナウンスされたことで大きな話題を呼びました。

今回の新型Macシリーズも同様に、Wi-Fiの次世代規格にあたるWi-Fi6」への対応が発表されています。

「Wi-Fi6」とは

そもそもWi-Fi6とは、現在標準化が進められている新しい無線LAN通信規格のひとつであり、正式名称はIEEE 802.11axという名称になります。

これまでのWi-Fi規格には「IEEE 802.11n(Wi-Fi4)」「IEEE 802.11ac(Wi-Fi5)」という通信規格が採用されていました。

新しいIEEE 802.11ax(Wi-Fi6)は、現在主流となっている規格とは異なり、より大容量かつ高速な通信が可能となっています。

新しい無線LAN規格「Wi-Fi6」とは? Wi-Fiとの違い、対応機種などをチェック!

「Wi-Fi6」は通信速度や接続台数が向上

新しいWi-Fi6を利用することにより、通信速度の向上はもちろんのこと、同時に接続できる端末台数に関しても、大幅な改善を見込むことができます。

特に活躍を見込むことができるのは、接続端末の多いオフィススペースでの利用シーンや、不特定多数の利用が考えられる店舗や公共施設での利用シーンであると言えるでしょう。

同時接続可能台数が増えることで回線の混雑などを回避することができるため、高品質なネットワーク環境の構築を実現させることが可能です。

「Wi-Fi6」なら「プラットWiFi」がおすすめ

さて、Wi-Fi6への対応が発表された新型Macシリーズですが、ハードウェアが高速通信に対応していたとしても、肝心のWi-Fiルーターが遅いようでは本末転倒となってしまいます。

Wi-Fiプラット株式会社が提供するプラットWiFiは、安価な月額料金で高速Wi-Fiを手に入れることができるサブスクリプション(定額制)モデルのWi-Fiレンタルサービスです。

次世代のWi-Fi6規格への対応はもちろんのこと、世界シェアトップのTP-Linkルーターが使用されているため、快適な無線環境を安価に導入することができます。

導入にあたっての初期費用や工事費用なども発生しないため、Wi-Fiの導入が初めてな方や、現状の固定回線に不満を感じている方などにおすすめのレンタルサービスです。

>新型MacのWi-Fiには「プラットWiFi」がおすすめ!レンタルの詳細はこちらから

まとめ

今回は、新型Macシリーズの気になる価格発売日スペックなどに焦点をあてながら、Mac史上初対応のWi-Fi6の概要などについて、わかりやすく解説を進めてまいりました。

スマートフォンが普及した昨今ですが、仕事や制作の現場においては、まだまだコンピュータの存在が欠かせません。

新型Macシリーズの購入を検討されている方などは、今回ご紹介したプラットWi-FiをはじめとするWi-Fi6の環境の構築も、ぜひ一度、検討されてみてはいかがでしょうか。

>Wi-Fi6の環境構築なら「プラットWi-Fi」がおすすめ!詳細はこちらから