Wi-Fiとは?仕組みやメリット、デメリットを解説!

もはや私たちの暮らしには欠かせない存在となっているWi-Fiによるインターネット通信ですが、その仕組みをきちんと理解しているという方は、意外と少ないのではないでしょうか。

今回は、Wi-Fiの意味や仕組み、また、Wi-Fiを利用することによるメリットとデメリットなどについても、わかりやすく解説を進めていきます。

Wi-Fiとは?

そもそも「Wi-Fi(ワイファイ)」とは、「Wi-Fi Alliance(ワイファイアライアンス)」というアメリカの業界団体が認証した「IEEE802.11」という無線LANの標準規格に対応している製品群を指すものです。

買うよりも断然お得!Wi-Fiレンタルについて知りたい方はこちら

Wi-Fiを知る上で欠かせないLANとは?

一方の「LAN(ラン)」とは、「Local Area Network(ローカルエリアネットワーク)」の略語で、一定の範囲にある通信機器やコンピュータなどをケーブルや無線電波などを用いて相互に接続し、データ通信を行えるようにしたネットワークを指すものです。

Wi-Fi・Bluetooth・テザリングって何だ?それぞれの違いや特徴をご紹介

有線LANには弱点がある?

上記のようなLAN接続には、物理的なケーブルを用いてインターネット通信を行う「有線LAN方式」と、無線電波を用いてインターネット通信を行う「無線LAN方式」の主に2種類の方式が存在します。

しかし、有線LAN方式には物理的なケーブルを用いてインターネットに接続するというシステムとなっているため、配線の手間や見た目の悪さ、また、昨今の主流端末であるスマートフォンに対応できないというデメリットが存在します。

Wi-Fiイコール無線LAN?

いわゆる無線通信規格の「ブランドのようなもの」がWi-Fiと呼ばれており、インターネットの無線通信そのものを指すものではありません。

無線LANとWi-Fiの両者は、厳密に言えば異なるものとはなりますが、同義として扱われることが多いため、Wi-Fiイコール無線LANととらえても大きな問題はないでしょう。

Wi-Fiの仕組み

みなさんが普段よく利用するWi-Fiですが、その仕組みは、一体どのような構造になっているのでしょうか。

ここからは、インターネット接続におけるWi-Fiの仕組みについて、簡単に解説いたします。

お店の集客に!安くWi-Fiを設置したいならWi-Fiレンタルをチェック!

Wi-Fiが「つながる」ってどういうこと?

一般に言う「Wi-Fiがつながる」という状態は、フレッツ光やソフトバンク光などの固定回線を、有線ケーブルを用いずに、無線LANの方式で接続している状態のことを指します。

Wi-Fi接続には「Wi-Fiルーター」や「回線終端装置(ONU)」と呼ばれる機器が必要になりますが、これらの機器からそれぞれの端末までの接続を無線で行うことで、Wi-Fiでのインターネット通信が実現されるというわけです。

しかし、 利用するWi-Fiルーターによっては、固定回線の速度の恩恵を十分に受けられなかったり、セキュリティ対策が不十分な製品なども数多く存在しているため、導入の前にはあらかじめ「安心なWi-Fi」と「危険なWi-Fi」を見分けられるようになった方が良いでしょう。

店舗のWi-Fiセキュリティは大丈夫?手軽な対策方法7選を紹介!

安心なWi-Fi、危険なWi-Fi

速度の遅いWi-Fiルーターや、セキュリティの甘いWi-Fiルーターを利用してしまうと、ページが表示されるのに時間がかかったり、ネットショッピングで登録した決済情報が漏洩してしまったりなどのリスクが高くなってしまいます。

自宅や店舗にWi-Fiを導入する前には、Wi-Fiルーター本体の「通信方式」や「暗号化方式」などにも気を配り、なるべく良質な製品を選んでおくことをおすすめします。

店舗のWi-Fiセキュリティは大丈夫?手軽な対策方法7選を紹介!

Wi-Fiでできること

Wi-Fiを導入することによってさまざまな便利な機能を使うことができるようになります。

インターネットの無線接続はもちろんのこと、鍵の解施錠を遠隔で行うことができるスマートロックの導入や、AIを搭載したスマートスピーカーの利用などは、Wi-Fiによる無線接続環境を整えることで活用することができます。

コンシェルジュはスマートスピーカー!日本初のスマートホステル「&AND HOSTEL」って知ってる?

Wi-Fiを利用するメリットは?

インターネットを使える場所が広がる

Wi-Fiでの接続方式は有線での接続方式とは異なり、物理的なケーブルが存在しないため、インターネットを利用できる範囲も必然的に広がります。

使用するWi-Fiルーターの性能にもよって電波の届く範囲は異なりますが、高性能なルーター製品ほど、より広範囲なエリアを包括的にカバーすることができるため、部屋数の多い住宅や間取りの広いオフィスなどにおすすめです。

スマホのデータ通信量を節約できる

毎月の通信容量があらかじめ決められているスマートフォンにおいては、Wi-Fiでのネットワーク通信を行うことによって、月々のデータ通信を削減することができます。

月間10GB以上などの膨大なデータ通信を行う場合には、Wi-Fiを導入し、契約しているスマートフォンの通信容量を落としてあげることで、月々にかかる通信コストの削減を見込むことができます。

複数デバイスで同時接続できる

Wi-Fiを導入することによって、スマートフォンやタブレット端末、ノートパソコンなどの複数のデバイスで無線接続を行うことができるようになります。

有線接続の場合、ルーターやONUのポート数には限りがあるため、接続台数に関しても物理的な制限がかけられてしまいますが、Wi-Fiを導入することによって、そうした問題も解決させることができます。

配線が少ない

配線の手間や見た目がスッキリするという点も、Wi-Fiを導入することによるメリットであると言えるでしょう。

複数のデバイスでインターネット接続を行う場合においては、複雑で時間のかかる配線作業や、ケーブルが密集している電源周りのゴチャゴチャ問題などを解消することができるため、Wi-Fiを導入することによる恩恵が大きいと言えます。

Wi-Fiを利用する際のデメリットは?

環境によっては速度が遅くなる場合も

1つ目のデメリットとしては、インターネットそのものの通信速度や安定性における懸念という点が挙げられるでしょう。

無線接続が普及しているとは言え、通信速度や安定性という観点においては、有線接続に分があると言わざるをえないため、なるべく高性能なWi-Fiを利用することによって、速度低下のリスクを最小限に抑えることができます。

Wi-Fiの電波は近距離にしか届かない

2つ目のデメリットとしては、Wi-Fiの電波は近距離にしか対応できないという点が挙げられます。

使用するWi-Fiにもよって、通信可能な距離や速度などは異なりますが、極端に遠い場所や、壁や扉などの障害物が多い場所など、利用環境によっては電波が届かないということも考えられます。

セキュリティ対策が必要

3つ目のデメリットとしては、セキュリティ対策が必要になるという点が挙げられます。

無線通信は有線での通信方式と比べて、外部からの不正アクセスやハッキングによるリスクが必然的に高くなってしまうため、新しい暗号化方式のWi-Fiを利用したり、アクセスポイントの名前を変更したりなどで対策を行う必要があるでしょう。

自宅用・業務用どちらも対応の「プラットWiFi」

そこでおすすめしたいのは、高品質かつ高セキュリティなWi-Fiを格安でレンタルすることができる『プラットWiFi』というサービスです。

特に、飲食店や美容室などの店舗利用のシーンにおいては、Wi-Fiに接続している端末すべてに、お得なクーポン情報やメッセージなどを送信することができるため、店舗の集客やマーケティングツールとしても活用することができる画期的なサービスとなっています。

店舗の集客にも活用できる?まずは無料レンタルから始めよう!

まとめ

今回は、Wi-Fiの意味や仕組み、また、Wi-Fiを利用することによるメリットとデメリットなどについての解説を行いました。

電気や水道などと同様に、もはや私たちの暮らしの中でも重要な生活インフラとなりつつあるWi-Fiサービスですが、選択肢も多岐に渡るため、導入にあたっては慎重に選んでおきたいところですよね。

集客対策なら「プラットWiFi」におまかせ!詳細はこちらから