ビジネスマン必見!ホテル有線LANをWIFI化する方法+ホテルルーター比較5選

ビジネスホテルの部屋の多くには、インターネット回線が整備されています。Wi-Fiを提供しているホテルもあります。有線LAN環境では、スマートフォン、タブレットでは接続することができませんし、Wi-Fiがあったとしても、速度が遅くて満足に使用できないこともあります。今回は、有線LANをWi-Fi化して使用する方法などをご紹介します。

ホテルでのwifi利用は、ホテルルーターを使用する

hotel

ホテルルーターとは?

ホテルルーターとは、モバイルルーターとも呼ばれますが、WIMAXなどのルーターと混在して分かりにくくなる為に生まれた名称です。その名のとおり、ホテルで使用する際に役立つ機能が有り、特徴的な形をしているものもあります。

wifiの機能はついてていても小さくてコンパクト

通常の自宅で使用するようなルーターは、電波の指向性を高める為、アンテナが大きく突き出していたり、高出力なので大型であるなど、携帯する用途には向きません。しかし、ホテルルーターはとても小さくコンパクトです。使用するエリアは、大抵のビジネスホテルであればワンフロアです。その為、自宅で使うルーターよりも最低限の機能で済み、小さくなっています。中には重さ20g以下のものもあるなど、日々小型化が進んでいます。

LAN接続もカンタン!

ホテルルーターには、LANケーブルが直接本体から出ているタイプと、LANケーブルの受け側が付いていて、ホテルのLANポートとLANケーブルで接続するタイプの2種類があります。LANケーブルが本体から出ているタイプは、電源をつなぎ、ホテルのLANポートにLANケーブルを接続するだけで、Wi-Fiが検出されます。

そうすると、ホテルルーターのネットワーク名が出るので、あとは通常のWi-Fiと同じように接続するだけです。ホテルルーターにも、WPSなど、簡単に接続することができる機能があるので便利です。また、ホテルルーターならではの、QRコードを読み込んでの接続も可能なので、本体に記載されているシールのQRコードを読み込めば、簡単にスマートフォン、タブレットからの接続も可能となっています。

通信速度が速い!

5Ghz帯も使用できる

Wi-Fiでは規格が様々ありますが、現在の最新規格は「11ac」です。最近の機種は、スマートフォン、タブレット共にacに対応していることが多いです。他の回線の影響を受けにくいので、ホテルなど密集して他の宿泊者が通信を行うような環境にも適していますし、5Ghz帯の弱点である、障害物の不安も、ワンフロアであるビジネスホテルならば気になりません。

不安定な速度のホテルWi-Fi

通常のホテル側で提供しているWi-Fi回線だと、使用している人の数によって回線速度が落ちます。有線回線でも同様のことが言えますが、Wi-Fiでは特にそれが顕著です。しかも、Wi-Fiだと部屋の場所によって電波が余りよくなかったりしますし、ホテルによってはロビーのみの提供だったりします。

ホテルルーターは「安定性」が高い

一方でホテルルーターを使用するとどうなるでしょうか。元々は、有線回線を使用するため、共有のWi-Fi回線よりも安定します。電波が悪い、提供場所が少ないなどの不安もありません。Wi-Fiが自由に飛んでいると、使用する人も当然増えますが、有線LANであればパソコンを持っている人しか接続できません。したがって、Wi-Fiを利用する人も相対的に少なくなり、回線が混雑することも少なくなります。

ホテルルーターのオススメタイプ

専用ACアダプタが不要なタイプ

古い機種などは、専用のACアダプタが必要になり、そのアダプタが本体と同じくらいの大きさのものもあります。それだけで持ち運ぶ上でかさばってしまいます。最近では、専用のアダプタが不要で、スマートフォン、タブレットで使用している、microusbで給電するタイプが多くなっています。充電器を兼用で使用できるので、荷物が少なく済むようになります。

LANケーブル一体型モデル

LANケーブル一体型のホテルルーターでは、それをLANポートに挿すだけで済みますし、本体に収納スペースがあったりして、使わないときは非常にコンパクトになります。「LANケーブルを忘れてしまって接続できない!」なんて不安も解消されます。

規格11ac対応モデル

前項でも書きましたが、Wi-Fiにはいくつか規格があります。その中でも11acに対応している物がオススメです。ホテルのLAN自体はそこまで高速ではありませんが、仮に速度は同じだったとしても安定性は高まります。この規格に対応しているかは商品パッケージに記載されているので、確認して選びましょう。

おすすめホテルルーター比較 5選

ワイヤレス トラベルルーター TL-WR902AC

購入はこちら:Wifiプラットへ

手のひらに収まる大きさのポータブルWi-Fi無線ルーターです。

出先のホテルなどLAN端子があってWi-Fiがない場合にLANに繋ぐだけでプライベートWi-Fi環境が築ける便利なWi-Fiルーターです。電源はmicroUSBコネクターからの給電で付属のUSBアダプターやモバイルバッテリーが使用可能です。

USB 2.0共有ポートからはスマホなどのUSB機器の充電が可能で、USBメモリーなどのストレージを接続すれば簡易NASとしても使用可能です。ほかにも通常のWi-Fiルーター機能やつながりづらい場所を補完するWi-Fi中継器モード、TV・ゲーム機などの有線LAN機器を繋ぐコンバーターモードなど様々な使い方が出来ます。

自宅の光ルーターに接続して無線LAN環境を構築し、スマートホンを11acでつないでみましたが接続も安定し速度も100Mbps以上安定して通信できています。中国企業ですがネットワーク機器の世界No.1のシェアらしく安価で機能も優れていると思います。

多機能で持ち運びに便利なポータブルWi-Fi無線ルーターです。

口コミ情報の引用元:amazonレビュー

外出先にインターネットがあるといっても、Wi-Fiがあるとは限らないです。そこで、Wi-Fiが付けられれば、快適なインターネット環境ができます。このルーターは5cm×5cm、厚みも2cmもなくて、持ち運びに困らない小さなサイズです。設定も、電源とLANポートにケーブルを繋げて、スマホなどでWi-Fi検出して、ワイヤレスパスワードを入力するだけで簡単にできました。

SSIDとワイヤレスパスワードは、名刺大のカードに記載されています。携帯してもいいし、無くしたくなかったら、写真にとっておけばいいと思います。外だけでなく家庭内で、中継器に使ったり、Wi-Fi機能のないテレビやゲームに繋いでも使えるようです。

口コミ情報の引用元:amazonレビュー

Nano 無線LANルーター TL-WR802N

購入はこちら:Wifiプラットへ

似た機能の物を友人が持っていて、この商品にたどり着きました。TPLINKは3台目で、メーカーとして信用しています。手のひらよりずっと小さく軽いのに多機能で、驚きました。

ホテルの有線LANの無線化がメイン(デフォルト設定も)のようですが、公衆無線LANや、離れた親機からの中継器にもなります。私は実家の有線しかないルーターの無線化(アクセスポイントモード)で使います。電波の飛びや早さはとりあえず、同じ室内では実用的でした。

1枚物のイラスト入り日本語マニュアルが入っていて、PCとの接続やブラウザ経由の設定変更は比較的簡単です。ボタン類は出荷状態に戻すリセットだけで、操作はすべてブラウザ経由です。付属品は電源用のマイクロUSBケーブルと、平たいLANケーブル。厚手の収納袋がつきます。

設計が移動先用なので、自宅での常時使用にどれくらい耐えるかは未知数。必要なときにUSBで給電して動かす(起動まで30秒)という使い方がいいかもしれません。

口コミ情報の引用元:amazonレビュー

先月、真夏日が続いた時に10年来愛用のPlanex社製が壊れたので、急遽代替を探した。比較したのは同社の後継機、ELECOM、NEC等の大小売れ筋機種だが、アクセスポイント/ブリッジとして必要十分なのはこれだった。このサイズで上位機種並みの設定項目があり、特にMACフィルター登録が30件以上あり、常設用として十分に使えるレベルだったのが決め手だった。それでいて、値段は日本ブランドの中途半端な位置付けの機種よりも断然安いので即ポチった。

ここからは届いてからの感想。性能面では、サイズがこれまで使っていた機器の1/5程度で無線が飛ぶか心配だったが、水平方向は前のと同等、縦方向にいたっては実用レンジが広がり、2階の部屋でもスマホがWi-Fiで使えるようになった。また、5台ぐらいのポータブルデバイスなら、同時に使用してストレスを感じることはなかった。(2台は動画ストリーミングをしながら)

常設使用で気になる発熱は、エアコンのない場所に設置してもケース外面で約40度を超えなさそうだと思う。これは12vではなく5vで運用できるメリットかと想像した。これで、前のと同程度の期間使えるように期待したい。

口コミ情報の引用元:amazonレビュー

NEC AtermW500P(ホワイト) PA-W500P-W

nec

購入はこちら:amazonへ

自宅にあるルーターにつないでアクセスポイントとしての使用です。
細かい設定をしないのであれば繋ぐのは簡単です。
デフォルトではWPA2-PSKにセキュリティ設定されているので後は本体裏に記載されている暗号キーを繋ぎたい機器側で入力するだけです。
パソコン、PSVITA,スマホすべて機械音痴の私でも簡単に無線化できました。
半年間の使用で切断したことは一度も無いです。
本体の大きさはタバコの箱より小さい位でとにかく薄いです。
NECのルーターは評判が良いので一度試したかったのですが購入してよかったです。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

コンバータとして利用したインプレッションの件、
1) 簡易ルータだけでなく、Ethernet コンバータとして利用が可能
2) 11ac規格に対応
3) 接続が安定している(我が家の環境)
4) 電波感度が強い(我が家の環境)
5) 給電方法の選択が可能
6) 軽量コンパクト
7) 他社でコンバータ機能を持っているものと比べ、コストパフフォーマンスがよい

ということで満足していて、テレビでアクトビラ他を利用するために、早速、2台目も早速購入したくらいです。
ただ、非常に残念な点が、セキュリティ設定の制約です。
つまり、
コンバータモードで11ac規格で利用しようとすると、セキュリティの選択肢がWEPしか無い点です。
AESに設定すると、11nしか選択できません。(正確には、選択はそのものはできるが、ダウンクレードされます)
しかし、製品そのものではなく11ac規格そのものの制約上、WEP環境下では最大で54Mしか速度が出せません。
つまり、どうしてもコンバータ設定時に11ac規格を活かして運用したければ、セキュリティ無しの状態です。
これでは、ご近所さんからの溜まり場状態になりかねません。
仕方なく、ルーター親機側でセキュリティ無しのオープンゲストネットワークを、接続機器のMACアドレス制限と、
接続されている他の機器へのアクセス制限で代替策としていますが・・・。
ちなみに54M,11na,AES環境で試してみましたが、我が家の環境では、速度や安定性で満足いくものではありませんでした。
(我が家は木造2階建て、親機ルータは2階中央の階段踊場付近、10〜15m離れた1階部屋隅のテレビ付近にこのW500Pを設置)

ファームウェアの更新で対応できるなら、是非、NECに改善してもらいたいところです。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

Logitec 無線LANルータ mobileRouter 300Mbps コンパクト ホワイト LAN-W300N/RSW

Logitec

購入はこちら:amazonへ

初めてのタブレットnexus7を宿泊先のホテルで使ってみました。とても、快適に使用することができました。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

場所も取らずどこにでも持っていけ、簡単にWiFiの環境が整えられて大変便利です。
出力が小さいので、あんまりセキュリティーを気にする必要はないと思います。
暴走したことはありませんが、結構熱くなります。
口コミ情報の引用:amazonレビュー

BUFFALO【iphone6 対応】11ac/n/a/b/g 無線LAN親機(Wi-Fiルーター)エアステーション QRsetup 433Mbps ブラック WMR-433-BK (利用推奨環境1人・ホテル用)

BUFFALO

購入はこちら:amazonへ

思っていた以上に小型でした。これなら普段持ち歩きも可能です。
何より驚いたのは、自宅の無線ルーターよりスピードが速いこと。。
家のルーターも11nなのでそれほど違わないと踏んでいたのに。。。
設定も簡単だったので、すぐに接続できたのでよりいっそう家の無線環境が気になりました。
改めて家のルーターの改善をしようと思います。
これ一台で外出先での無線環境の不安がなくなり気持ちに余裕が生まれました。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

iPhone,iPadminiはセルラー+Wi-Fi、iPadProはWi-Fiを使用していますが、旅先でどうしても大きな画面で使用したいときはiPadminiではもうひとつ精細さに欠けます。そんな時ホテルのネットケーブルを使ってWi-Fi環境にすれば便利と思い購入しました。
使用方法は、必ず第1にネットのモジュラープラグを先に本体につなぎ、それから第2に電源ケーブルをつなぐと、緑のLEDがチカチカしだします。絶対、電源を先につながないこと!!!!
それだけでOK。Wi-Fi環境はやはり便利です。
ただ、金額的なものもあり、パワーが足りません。大きな家では端の部屋はレベル3段階の1になります。
でも、出先のホテルなどでは大活躍です。かさばらないし、安いし、大満足です。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

まとめ

ホテルルーターは、頻繁に持ち運ばれるものです。その為、携帯性が重要になってきます。コンパクトで、軽量という点を重視することと、対応しているWi-Fi規格を確認することが大切です。また、スマートフォンの通信量制限上限も気にせずに使用できるので、出張の際の必須アイテムとなりつつあります。ビジネスホテルで安定したWi-Fi環境を整えて、快適に滞在できるようにしましょう。

関連タグ

  • 比較