スマホの容量を節約するには?Wi-Fiは固定利用におすすめ!

今や私たちの暮らしには欠かせない存在となったスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末ですが、毎月のデータ容量を使い切ってしまうという、いわゆる「通信制限」の問題に悩まされているという方も非常に多いのではないでしょうか。

今回は、スマートフォンの容量を節約するためのちょっとした小技や、おすすめのデータ容量の節約術を中心にわかりやすく解説していきます。

アプリのデータ通信をオフにする

スマートフォンにインストールされているアプリケーションの多くは、それぞれ個別に「データ通信を行うか」または「行わないか」を本体設定から自由に変更することが可能となっています。

使用頻度の低いアプリケーションのデータ通信をオフにしておくことで、知らず知らずのうちに発生している無駄な通信量を削減することができるため、まずはこの方法から取り組んでいくのがおすすめです。

特に、普段から常用しているスマートフォンの内部には、一度しか利用したことがないアプリケーションや極端に使用頻度の低いアプリケーションなどもそのまま放置してしまうことが多いため、定期的にアプリケーションの断捨離を行うのも良いでしょう。

アプリごとのダウンロード設定を見直す

「音楽アプリ」、「動画アプリ」、「SNSアプリ」などの「データ容量を多く消費するアプリケーション」に関しては、コンテンツのダウンロード設定を一度見直すことをおすすめします。

音楽アプリのダウンロード設定

音楽アプリの場合であれば「楽曲をあらかじめダウンロードしておく」という方法がベストです。

『Apple Music』や『Spotify』などの音楽アプリの多くは、楽曲そのものをあらかじめ本体にダウンロードしておくことができるようになっています。

自宅のWi-Fiを利用して楽曲のダウンロードを行い、外出先ではスマートフォンのデータ通信を使わないようにすることで、不要な通信を避けることが可能です。

動画アプリのダウンロード設定

動画アプリの場合であれば「試聴している動画の再生画質を下げる」という方法がおすすめです。

『YouTube』や『Netflix』などの動画アプリの多くは、試聴している動画コンテンツの再生画質を自由に選択することができるようになっています。

ハイビジョン、フルハイビジョン、4Kの順番で消費するデータ容量も膨大なものとなってくるため、再生品質を下げてあげることで、データ容量を削減することが可能です。

SNSアプリのダウンロード設定

SNSアプリの場合であれば「動画や画像の自動再生をオフにする」という方法が効果的です。

『Twitter』や『Instagram』などのSNSアプリの多くは、タイムラインに表示される画像や動画コンテンツなどは、自動で再生されるように設定されています。

コンテンツの自動再生をオフに設定することで、タップしたコンテンツだけ再生や表示がされるようになるため、効果的なデータ容量の削減を行うことができます。

アプリのバックグラウンド更新をオフにする

スマートフォンのアプリケーションの多くは、常時最新の情報をキャッチできるように、使用していない期間でもデータ容量を消費しているものが多くあります。

特に、LINEなどのメッセージングアプリや、Gmailなどのメールアプリにおいては、新着メッセージの通知を発信しなければならないため、スマートフォン本体の「バックグラウンド更新」がデフォルトでオンになっていることがほとんどです。

そのほかにも、バグの修正やセキュリティ強化などのアップデートがバックグラウンドで実施されることもあるため、使用頻度の低いアプリケーションや、通知がなくても困らないアプリケーションなどは、バックグラウンド更新をオフにしてみるのも効果的な節約術と言えるでしょう。

自宅でのWi-Fi接続を徹底する

自宅でのWi-Fiの接続を徹底するということも重要な節約術のひとつです。

特に、帰宅直後などは自宅のWi-Fiに接続されていないということが多く、その状態で音楽や動画、SNSアプリケーションなどを長時間利用してしまうと、膨大なデータ容量を消費してしまうことでしょう。

大容量コンテンツをダウンロードする場合には、自宅のWi-Fiに接続されているかどうかをしっかりと確認しておき、無駄なデータを使わないことが大切です。

はじめてのWi-Fi導入ならレンタルサービスがおすすめ

はじめてのWi-Fi導入であれば、高品質かつ高セキュリティな『プラットWiFi』というサービスがおすすめです。

特に、飲食店や美容室などの店舗利用のシーンにおいては、Wi-Fiに接続している端末すべてにお得なクーポン情報やメッセージなどを送信することができるため、店舗の集客やマーケティングツールとしても活用することができます。

Wi-Fiを格安でレンタルすることができるだけではなく、店舗の集客ツールとしても活用することができるため、まさに画期的なサービスと言えるでしょう。

Wi-Fi環境のスピード構築ならレンタルサービスがおすすめ!詳細はこちらから

まとめ

今回は、スマートフォンの容量を節約するためのちょっとした小技や、おすすめのデータ節約術を中心に、わかりやすく解説を進めてまいりました。

頻繁に利用するスマートフォンだからこそ、一度通信制限にかかってしまうと、ネット検索や動画の試聴の際には大きなストレスとなってしまうため、今回ご紹介した節約術を駆使して、データ容量を効率的に使いましょう。

家庭用にも業務用にも「プラットWi-Fi」で爆速ネットを手に入れよう!詳細はこちらから