ソフトバンクエアーのメリット、デメリットは?評判や口コミから検証!

工事不要の置き型ホームルーターと言えば、ソフトバンクが提供している『SoftBank Air(ソフトバンクエアー)』が有名なところではないでしょうか。

今回は、そんなソフトバンクエアーの評判や口コミなどから、メリットやデメリットについてをわかりやすくまとめていきます。

ソフトバンクエアーとは?

『SoftBank Air(ソフトバンクエアー)』とは、ソフトバンクが提供している工事不要の置き型ホームルーターです。

工事が必要な光回線(フレッツ光やドコモ光など)とは異なり、届いた端末をコンセントに挿すだけで使うことができるため、昨今のテレワーク移行による急なWi-Fiニーズにも、柔軟に対応することができます。

また、賃貸マンションやアパートなどでも手軽に利用することができるほか、工事の待ち時間なども発生しないため、非常に人気のWi-Fiサービスとなっています。

ソフトバンクエアーの料金

ソフトバンクエアーの料金プランは、本体のルーターを買い取る「買い取りプラン」と、本体のルーターをレンタルする「レンタルプラン」の、主に2種類の契約プランが存在します。

買い取りプラン

買い取りプランは、レンタルプランよりも月額料金が安く、また、端末の分割代金分も月額の料金に含まれているため、2年以上の長期利用におすすめのプランであると言えるでしょう。

レンタルプラン

一方のレンタルプランは、月額料金は買い取りプランよりも高めに設定されていますが、途中解約の違約金や本体代金の残債などが発生しないため、2年未満の短期利用におすすめのプランであると言えるでしょう。

ソフトバンクエアーのメリット

ここからは、ソフトバンクエアーのメリットについて、簡単に見ていきましょう。

Wi-Fiの固定利用ならレンタルサービスの「プラットWiFi」がおすすめ!詳細はこちらから

設置工事が不要

まずはなんと言っても、面倒な工事が不要で利用することができるという点が、一番大きなメリットではないでしょうか。

フレッツ光などの光回線の場合には、敷設業者が立ち入って工事を行うケースがほとんどであるため、特に単身女性や若い世代に人気のあるサービスとなっています。

すぐに利用できる

送られてきた端末をコンセントに挿すだけですぐに利用することができるため、この点においても大きなメリットのひとつと言えるでしょう。

新居への引っ越しや、急ぎでWi-Fi環境を構築したい場合などにおいては、光回線よりも圧倒的に早い段階で導入することができます。

セット割引が受けられる

ソフトバンクやワイモバイルのスマートフォンを利用している場合であれば、ソフトバンクエアーをセットで利用することによって、セット割引を受けることができます。

また、ヤフー系列のショッピングサイト(ヤフーショッピングやPayPayモールなど)においては自動的にプレミアム会員となるため、お得に買い物を済ませることができます。

ソフトバンクエアーのデメリット

便利なソフトバンクエアーですが、契約にあたってはいくつかの注意点も存在します。

Wi-Fiの固定利用ならレンタルサービスの「プラットWiFi」がおすすめ!詳細はこちらから

持ち運んで使えない

ソフトバンクエアーは、光ファイバーを利用した固定回線ではないため、出先に持ち運んで利用することができません。

速度に関しても、光回線ほどの高速通信は期待できないため、使ってはみたものの速度の不満からすぐに解約してしまうというケースもあるようです。

違約金や本体代金が高い

買い取り型のプランの場合、端末本体の代金や途中解約にかかる違約金の高さをネックに感じているユーザーも多いようです。

更新月までしっかりと利用するのでさほど気にはならない問題かもしれませんが、未提供エリアへの急な引っ越しや、他社回線への乗り換えなどの際には注意しておきましょう。

設置場所によっては不安定になることも

ソフトバンクエアーは、たとえ提供エリア内であったとしても、設置する場所や周辺の建物状況などから、通信の速度や電波の強度が弱くなってしまう恐れがあるようです。

本体の設置場所を変えることで改善される場合もあるようですが、周辺に高層マンションなどが建っている場合には、満足な速度が見込めない可能性があります。

まとめ

今回は、ソフトバンクエアーの評判や口コミなどから、メリットやデメリットなどについて、わかりやすくまとめていきました。

新型コロナウイルスの影響によって、巷では在宅ワークやテレワークへの移行が推奨されていますが、ソフトバンクエアーであれば急なWi-Fiニーズにも柔軟に対応することができるでしょう。

とは言え、使い方によってはデメリットも多いサービスであるため、納期に問題がないということであれば、やはり光回線などの固定回線を選んだ方が無難であると言えるでしょう。

Wi-Fiの固定利用ならレンタルサービスの「プラットWiFi」がおすすめ!詳細はこちらから