Wi-Fiの2.4GHzと5GHzとは?違いや特徴を解説

Wi-Fiに関する情報を調べていると、ふと「2.4GHz」や「5GHz」などの言葉に出くわしたという経験はないでしょうか。

これらはWi-Fiの電波における、いわゆる種類のようなものを指す言葉であり、新しいスマートフォンやWi-Fiルーターを選ぶ場合には、ぜひとも理解しておきたい言葉でもあります。

今回は、Wi-Fiの周波数帯でもある「2.4GHz」と「5GHz」について、それぞれの違いや特徴などを中心に、初心者の方でもわかりやすいように解説を進めていきましょう。

Wi-Fiの2.4GHzと5GHzの違い

Wi-Fiの通信規格である「IEEE 802.11」には、主に「2.4GHz」と「5GHz」の2種類の周波数帯があります。

▶︎そもそもWi-Fiって何者?仕組みやメリット、デメリットを解説!

▶︎Wi-Fiと無線LANの違いって?知っておきべきWi-Fiのこれまでとこれから

また、Wi-Fiの世代によっても、利用することのできる周波数帯が異なってくるため、まずは無線LANの世代と使用可能な周波数帯との関係性を確認していきましょう。

Wi-Fi(無線LAN)規格 最大通信速度 周波数帯

IEEE 802.11b 11Mbps 2.4GHz
IEEE 802.11g 54Mbps 2.4GHz
IEEE 802.11n 300Mbps 2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11ac 6.9Gbps 5GHz

利用するWi-Fiの世代にもよって、利用可能な周波数帯が異なってくるため、古いルーター製品を使っている場合には、5GHz帯の利用ができない可能性があるというわけです。

2.4GHz帯のメリットとデメリット

Wi-Fiの周波数が確認できたところで、ここからは2.4GHz帯のメリットとデメリットを簡単にご紹介します。

2.4GHz帯のメリット

2.4GHz帯は周波数が低く、電波が遠方まで届きやすいということがメリットの一つとして挙げられるでしょう。

また、周波数が低いということは、壁や床などの障害物にも強いということになるため、隣の部屋やフロアをまたいぐ部屋の場合にも電波を届けることができます。

2.4GHz帯のデメリット

2.4GHz帯という周波数は、Wi-FiだけでなくIHクッキングヒーターやBluetoothなどのほかの家電製品も利用する周波数帯であるため、電波の混線が考えられます。

2.4GHzのWi-Fiルーターの近くに電子レンジなどがある場合には、お互いの電波が干渉し合い、Wi-Fiの電波が弱まってしまう恐れがあるため、あらかじめの注意が必要です。

5GHz帯のメリットとデメリット

続いては、5GHz帯のメリットとデメリットを簡単にご紹介しますので、まずは順を追ってみていきましょう。

5GHz帯のメリット

5GHz帯は周波数が高いため、ほかの家電製品との電波の干渉を気にすることなく、安定した通信を行うことが可能です。

また、2.4GHz帯よりも1秒あたりのデータの転送速度が速い傾向にあるため、特殊な環境下でなければ基本的には5GHz帯の利用がおすすめです。

5GHz帯のデメリット

一方で、5GHzは高周波数であるがゆえに、壁や床などの障害物には弱いというデメリットが挙げられます。

通信速度が弱いと感じた場合には、なるべく電波が届きやすくなるよう、部屋の中央などにルーターを配置するなどで対策を講じる必要があるでしょう。

どっちを使えばいいの?

ここまでの説明で、Wi-Fiには「2.4GHz」と「5GHz」の2種類の周波数帯があり、それぞれで異なる特徴やメリット、デメリットを持っていることが、なんとなく理解できたかと思います。

では、いざ実際にWi-Fiを利用する場合には、一体どちらの周波数帯を選択するべきなのでしょうか。

基本的には「5GHz」の利用がおすすめ

さて、「2.4GHz」と「5GHz」のどちらを利用すれば良いかについてですが、これはWi-Fiを利用する機種にもよって、対応している周波数が異なります。

周囲の状況にもよって若干異なりますが、お手持ちの端末が「5GHz」の周波数帯に対応しているようであれば、基本的にはそちらを優先的に利用して問題はありません。

もちろん、Wi-Fiルーターにも対応している規格が存在するため、古い機種の場合には、5GHz帯に対応していないことも十分にあり得ます。

5GHz帯を利用したい場合は、Wi-Fiルーター本体と、Wi-Fiを使う端末双方が対応している必要があるため、持っていない場合には新しい機種への買い替えがオススメです。

次世代の規格「Wi-Fi6」に対応している製品がベスト

Wi-Fiが普及した現在では、大小さまざまなメーカーから数多くのルーターがリリースされるようになりましたが、現状において一般的に普及しているWi-Fi規格は「Wi-Fi5」と呼ばれる無線LAN規格となっています。

近ごろでは、それよりも次世代の通信規格である「Wi-Fi6」に対応した製品が出始めているため、可能な限り次世代の「Wi-Fi6」に対応した製品を選んでおくことで、快適な無線環境を構築することができるでしょう。

▶︎Wi-Fiルーターの利用目的別おすすめ製品6選【バッファロー編】

▶︎Wi-Fi6にも対応!高品質なルーターを格安でレンタルするには?

まとめ

今回は、Wi-Fiの周波数帯でもある「2.4GHz」と「5GHz」について、それぞれの違いや特徴などを中心に、初心者の方でもわかりやすいように解説を進めていきました。

私たちの暮らしには、もはやなくてはならない存在となったWi-Fiですが、近ごろでは「IPv6」と呼ばれる通信方式や、次世代のWi-Fi規格でもある「Wi-Fi6」など、さまざまな技術が続々と登場するようになりました。

特に「2.4GHz」や「5GHz」などの周波数に関しては、新しいスマートフォンやWi-Fiルーターを選ぶ場合には、最低限理解しておきたい言葉の一つでもあるため、これを機会に忘れないようにチェックしておきましょう。