出張前に確認。新幹線の無料Wi-Fiスポット徹底調査・比較。

普段出張などで新幹線を多く利用する方は、新幹線の車内や駅構内で、wifiに接続してインターネットを利用できると便利ですよね。新幹線の「公衆無線LANサービス」について、どこで利用できるのか、利用方法など調査しご紹介します。

新幹線でWi-Fiが利用できる区間・車両

まずはWi-Fiが利用できる新幹線の区間・車両について説明します。

JR東海道新幹線

車両:東海道新幹線N700A・N700系車内
区間:東海道新幹線区間(東京~新大阪)

JR山陽新幹線

車両:山陽新幹線N700A・N700系・700系・500系車内
区間:山陽新幹線区間(新大阪~博多)

JR九州新幹線

車両:九州新幹線N700系・800系車内
区間:九州新幹線区間(博多~鹿児島中央)

JR東北新幹線

車両:東北新幹線E5系車内の3編成(「白×ピンク×青」色の新幹線は無料WiFi利用不可)
区間:東北新幹線区間(東京~新青森)

JR山形新幹線

車両:山形新幹線E3系車内
区間:山形新幹線区間(福島~新庄)

JR秋田新幹線

車両:秋田新幹線E6系車内
区間:秋田新幹線区間(盛岡~秋田)

JR上越新幹線

車両:上越新幹線E7系車内(「白×ピンク×青」色の新幹線は無料WiFi利用不可)
区間:上越新幹線区間(大宮~新潟)

JR北陸新幹線

車両:北陸新幹線W7系・W7系車内
区間:北陸新幹線区間(高崎~金沢)

JR北海道新幹線

車両:北海道新幹線E5系・H5系車内
区間:北海道新幹線区間(新青森~新函館北斗)

新幹線で利用できるWi-Fiサービス

新幹線で利用できるWi-Fiサービスにはどのようなものがあるか、説明します。

Wi-Fi提供事業者

・NTTドコモ「docomo WiFi」
・ソフトバンクテレコム「BBモバイルポイント」提携事業者
・UQコミュニケーションズ「UQ WiFi プレミアム」及び提携事業者
・KDDI「au Wi-Fi SPOT」
・NTT西日本「フレッツ・スポット」(2017年5月31日以前に契約している場合のみ)

上記の公衆無線LAN事業者と契約があれば新幹線内でWi-Fiを利用できます。契約の無い方は利用できません。また、Wi-Fiを利用する端末(パソコン、スマートフォン、ゲーム機等)は、IEEE802.11b/gに準拠した無線LAN内蔵のものである必要があります。ただし、「BBモバイルポイント」はIEEE802.11a/b/g/nに、「UQ WiFi プレミアム」は一部エリアでIEEE802.11a/b/g/n/acに対応しています。

通信速度について

1列車あたり最大2Mbpsに限定されています。これはメールや一般的なWeb表示等に対応できる程度通信速度で、動画の視聴や、重いファイルのダウンロードなどには向きません。限られた通信容量を多くの乗客でシェアするためにこの制限がなされています。

接続方法

【STEP 1】アクセスポイントに接続
【STEP 2】ログイン画面にてIDとパスワードを入力
【STEP 3】ログイン完了です。
詳しい接続方法は各事業者のサイトをご覧ください。

・NTTドコモ「docomo Wi-Fi」
https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/service/wifi/docomo_wifi/usage/usage_shinkansen.pdf

・ソフトバンクテレコム「BBモバイルポイント」提携事業者
http://tm.softbank.jp/consumer/wlan/process/
・UQコミュニケーションズ「UQ Wi-Fi プレミアム」及び提携事業者
http://www.uqwimax.jp/plan/wimax/option/wi-fi_premium/
・KDDI「au Wi-Fi SPOT」
https://www.au.com/mobile/service/wifi/wifi-spot/usage/
・NTT西日本「フレッツ・スポット」
http://flets-w.com/spot/appli/

新幹線の駅でも無料Wi-Fiが利用できる

車両だけではなく、東海道新幹線の駅でもWi-Fiが利用できます。

利用できる場所

コンコース待合室:東海道新幹線全駅(17駅)
新幹線改札口付近:東海道新幹線全駅(17駅)
新幹線改札外:名古屋駅(JR案内所、名古屋市観光案内所、金の時計 付近)/ 京都駅(八条口側案内所 付近)

利用できるWi-Fi

・NTTドコモ「docomo WiFi」
・ソフトバンクテレコム「BBモバイルポイント」提携事業者
・UQコミュニケーションズ「UQ WiFi プレミアム」及び提携事業者
・NTT西日本「フレッツ・スポット」

上記事業者のWi-Fiを利用するには各事業者と契約が必要です。

完全無料で利用できるFree Wi-Fi

完全無料で利用できるFree Wi-Fiもいくつかあります。どれも登録が必要なものですが、例外的に大規模災害時には、登録なしで誰でもインターネットが利用できます。

JR-Central_FREE

東海道新幹線の駅(改札口付近やコンコース待合室付近)でのみ利用できるFreeWi-Fiです。メールアドレスの登録のみでWi-Fiを利用することができます。

SSID:JR-Central_FREE
利用制限:1回1時間(再エントリーで何度でも利用可能)
利用可能駅:東海道新幹線の各駅
各駅の新幹線コンコース待合室、新幹線改札口付近で利用できます。
名古屋駅では「JR案内所」「名古屋観光案内所付近でも利用可能
京都駅では八条口側「案内所」付近でも利用可能

接続方法 https://railway.jr-central.co.jp/wireless/_pdf/free_wifi.pdf

Shinkansen_Free_Wi-Fi

「Shinkansen_Free_Wi-Fi」は、JR東海が提供している公衆無線Wi-Fiサービスです。メールアドレスでの登録か、SNSのアカウントによる認証を行います。最初の登録から21日が経過すると、再登録が必要となります。

SSID:Shinkansen_Free_Wi-Fi
利用制限:1回30分(再エントリーで何度でも利用可能)
利用可能場所:東海道・山陽・九州新幹線の車内で利用が可能です。
※ご利用ガイド https://railway.jr-central.co.jp/wireless/shinkansen_free_wifi.html

JR-EAST_FREE_WiFi

「JR-EAST_FREE_WiFi」は、JR東日本が提供している公衆無料wifiサービス。メールアドレスの登録のみでwifiを利用することができます。

SSID:JR-EAST_FREE_Wi-Fi
利用制限:1回3時間(再エントリーで何度でも利用可能)
利用可能場所:東北・北海道新幹線のE5系、秋田新幹線、山形新幹線、上越・北陸新幹線のE7系の車内で利用が可能です。
利用可能駅:山手線を始めとするJR東日本の101駅(東京駅・新宿駅・渋谷駅・池袋駅等)、
成田空港/空港第2、羽田空港国際ビル内の「JR EAST Travel Service Center」

※アクセスポイント詳細 https://www.jreast.co.jp/press/2012/20120901.pdf

ご利用ガイド https://www.jreast.co.jp/e/pdf/free_wifi_02_e.pdf

JR-WEST_FREE_Wi-Fi

「JR-WEST_FREE_WiFi」は、JR西日本による公衆無料Wi-Fiサービスです。メールアドレスでの登録か、SNSのアカウントによる認証を行います。

SSID:JR-WEST_FREE_Wi-Fi
利用制限:1回3時間(再エントリーで何度でも利用可能)
利用可能場所:北陸新幹線のW7系の車内で利用が可能です。
利用可能駅:富山、金沢、福井、嵯峨嵐山、ユニバーサルシティ、JR難波、奈良、姫路、
和歌山、尾道、米子、新山口、下関など(全33駅)
京都駅ビルの大空広場、室町小路広場でも利用できます。

無料公衆無線LANサービスの利用方法
https://www.jreast.co.jp/press/2018/20180707.pdf

まとめ

2020年の東京オリンピックの開催時は現在の1000倍の通信量になると言われています。そのため、外国人来訪者に向けたWi-Fi整備が各所進んでいます。Free Wi-Fiはとても便利なサービスですが、セキュリティ面には十分注意して利用するようにしましょう。

関連タグ

  • 接続方法
  • 比較