11acとか11nって何?無線LAN規格とWi-Fiの通信速度の関係

無線LAN規格とはなんでしょう。無線LAN規格とは、「IEEE 802.11ac」などと書かれているもののことです。使用される周波数帯や伝送速度が規格されており、Wi-Fiの通信速度に関わっています。Wi-Fiルーターを選ぶときに、無線LAN規格のどのタイプに対応しているか、ということは重要なポイントのひとつになりますので確認してみましょう。

無線LAN規格「IEEE 802.11」とは

IEEE 802.11(日本での読み方は「アイトリプルイー はちまるにい てん いちいち」)とは、IEEE(米国電気電子学会)でLAN技術の標準を策定している802委員会が定めた無線LANの標準規格のこと。「11ac」や「ac」などは、「IEEE 802.11ac」が省略されたものです。

無線LAN規格の種類「a.b.g.n.ac.ad.ax」それぞれの違い

現在販売されているWi-Fiの規格は「a.b.g.n.ac.ad.ax」の7種類があります。違いは、規格によって、周波数帯や帯域幅が規格されており、これにより最大通信速度が異なることです。

もともとは11a,11bの2つしかありませんでした。その後11g,11n,11acが発表され、さらに11ac,11axという新しい規格の発表もあり、速度も速くなってきました。

規格 周波数 最大通信速度
11a 5GHz 54Mbps
11b 2.4GHz 11Mbps
11g 2.4GHz 54Mbps
11n 2.4GHz
5Ghz
600Mbps
11ac 5GHz 6.9Gbps
11ad 60GHz 6.8Gbps
11ax 2.4GHz
5GHz
9.6Gbps

この表で見ると11acの規格の最大値は約6.9Gbpsですが、現在販売されているWi-Fiルーターの最大通信速度は1733Mbps(帯域幅80MHz・アンテナ本数が4×4)が一般的です。また、同じ規格でも、アンテナの本数によって最大通信速度が違ってきます。Wi-Fiルーターの規格を見ると、「IEEE 802.11 a/b/g/n/ac」のように書いてあるものがほとんどで、これは全ての規格に対応しており、その都度最適なものを自動的に選び通信しています。

周波数2.4GHz帯と5GHz帯、60Ghz帯

周波数とは1秒間に繰り返されるこの波の数のことで、幅を表現する言葉を「帯域」といいます。この帯域が広ければ広いほど多くのデータを含むことができ、1度に転送できるデータ量が大きくなるので、通信速度は速くなります。wifiの周波数帯には「2.4GHz帯」と「5GHz帯」そして「60Ghz帯」があり、それぞれ特徴が異なります。その違いをご説明しましょう。

2.4GHz帯

メリットは、壁や床などの障害物には強く、電波が遠くまで届きやすいところ。デメリットは、電子レンジやBluetoothなどにも利用されているため、電波同士がぶつかり通信に影響を与える場合があるなど、電波の干渉が強く不安定になりやすい点です。パソコンでインターネットを利用しながら電子レンジを使うと、まれに通信速度が落ちたり、通信が切れてしまうことがあります。

5GHz帯

メリットは、基本的にwifi以外では使用されていない帯域なので、電波干渉が少なく繋がりやすいですし電波が安定しているという点です。特に、電波の安定性が必要な動画の視聴などに適していると言われています。デメリットは、2.4GHzと比較して壁や床などの障害物に弱く、通信距離が長くなると電波が弱くなるところです。

60Ghz帯

メリットは、あまり使用されない周波数帯なので、近隣住居や他の家電製品からの電波干渉を受けにくいという点です。電波の直進性が高く、高速通信が可能です。デメリットは、5GHz帯より障害物に弱く、通信距離も10メートル程度と短いため、別室や屋外で利用する通信端末には向いていないというところです。

Wi-Fiルーターを選ぶ際の注意点

無線LAN規格IEEE 802.11axは現在最新で最速の規格です。しかし、今使っている子機(PCやタブレット端末、スマホなど)が11axに対応していないと、最新のWi-Fiルーターを買っても、最高速度はでず意味がなくなってしまいます。Wi-Fiルーターの購入時には、自身で使うパソコンやスマホの対応規格もチェックするようにしましょう。

まとめ

無線LAN規格は、Wi-Fiルーターを選ぶ際、どれくらいの最大通信速度が見込めるか、またどんな環境に適しているかが分かる基準が示されています。Wi-Fiルーターを購入する際や、現在ご利用のWi-Fiルーターの仕様を知りたい時チェックしてみるといいと思います。

関連タグ

  • wifi
  • 無線LAN規格