公衆無線LANまとめと比較。どのWi-Fiが使いやすい?

Wi-Fiが普及し、外出先でも無線LANを使える店舗や施設が増えてきましたね。公衆無線LANには有料契約で使えるものと、無料で使えるものとあるのをご存知でしょうか?この記事では、有料で使えるWi-Fiを中心に、どのような公衆無線LANがあるのか、それぞれ利用可能エリアや月額利用料金、契約方法をご紹介いたします!

公衆無線LAN

Wi2 300 公衆無線LAN

料金

月額362円(税抜)
オプションエリアチケット:100円/60分(税込)
この他にも使いたいときだけのワンタイムプランも用意されています。
6時間 :350円(税込)
24時間 :800円(税込)
3日間 :1,500円(税込)
1週間 :2,000円(税込)

利用可能スポット

ベーシックエリアにはカフェ、レストランなど全国6万ヶ所にスポットがあります。さらにオプションエリアを加えると全国20万ヶ所以上※のスポットが利用できるようになりますよ。

関連記事:Wi2 300の特徴と料金プラン、利用可能エリアまとめ

公衆無線LAN Wi2 300のご利用可能エリア検索

主なサービスエリア

スターバックス・ドトールコーヒー・ガスト・びっくりドンキー・コメダ珈琲・プロント・タリーズコーヒーなどの、飲食チェーン店で多く導入されています。Wi2に契約するとマクドナルドなどBBモバイルポイントや、UQ Wi-Fiのステッカーが貼られているサービスエリアでも利用できます。

利用環境

対応規格  :IEEE802.11a/b/g/n/ac対応
セキュリティ:WPA2
ネットワーク:
Wi2 ベーシックエリア
・Wi2
・Wi2_club
・Wi2_free
・wifi_square

BBモバイルポイント
・mobilepoint
・mobilepoint2

UQ_Wi-Fiエリア
・UQ_Wi-Fi

Wi2 オプションエリア
ワンタイムプランまたはオプションエリアチケットで利用できるエリアです。
・Wi2premium
・Wi2premium_club
※Wi2社エリア、BBモバイルポイント、UQ_Wi-Fiエリアの各社でSSIDが異なります。

「Wi2」「Wi2_free」「Wi2premium」「Wifi_square」はネットワークキーが不要ですが、セキュリティ保護がされていません。ネットワークキーの入力は手間ですが、安全面を考えるとネットワークキーのあるSSIDをおすすめします。

関連記事:Wi2 300へ接続するための設定方法を解説します【iphone編】

全国最大規模のエリアを誇る公衆無線LANサービス Wi2 300

Yahoo!無線LANスポット

料金

yahooプレミアム会員:月額200円(税抜)
その他:月額500円(税抜)

利用可能スポット

全国約5,000ヶ所以上(※2017年3月時点)

主なサービスエリア

マクドナルド、ドトールコーヒー、銀座ルノアール、JR駅構内、空港、カフェ、大型ショッピングセンター、ホテルニューオータニ、ロイヤルパークホテルズなど全国に設置されています。

利用環境

セキュリティ:WEP、WPA2、PSK-AES
対応規格  :IEEE 802.11 n/a/b/g
ネットワーク:mobilepoint2 / mobilepoint1

2014年10月より東海道新幹線(700系)の車両内でのSSIDが順次変更となり、現在はmobilepoint1のみとなっています。また2014年4月1日より通信速度の向上とセキュリティ強化を図ったmobilepoint2が追加され、安全面でおすすめです。

住所と地図からBBモバイルポイントを探す

Yahoo!JAPAN 無線LANスポット

ソフトバンクWi-Fi

月額料金

フラット型パケット定額サービス・プラン:無料
その他のパケット定額サービス・プラン:467円/月 ※加入から2年間無料

利用可能スポット

北海道から沖縄まで全国45万ヶ所以上で利用可能

主なサービスエリア

エクセルシオールカフェ、タリーズ、ドトール、スターバックス、マクドナルド、モスバーガー、サブウェイ、都営地下鉄など。BBモバイルポイントもエリアに含みます。

利用環境

対応規格:
IEEE802.11b、IEEE802.11g、IEEE802.11n、またはIEEE802.11ac
セキュリティ:
WEP、WPA Personal、WPA2 Personal
ネットワーク:
0001softbank、0002softbank、mobilepoint

Wi-Fi対応ケータイなら最大54Mbpsと、3Gの約7.5倍の通信速度でインターネットが利用できます。

関連記事:ソフトバンクwifiの設定方法【iPhone編】

ソフトバンクWi-Fiスポット エリア検索

au Wi-Fi SPOT

料金

auで契約しているスマホ:無料
Wi2 300 for auマルチデバイスサービス:300円/月

利用可能スポット

全国20万ヶ所以上で利用可能。

主なサービスエリア

スターバックス、タリーズ、ルノアール、カフェドクリエ、モスバーガー、ケンタッキー、
ガスト、ジョナサン、各鉄道、コンビニなど。
※Wi2 300のスポットもエリアに入ります。

利用環境

規格:
IEEE802.11a/n/b/g
ネットワークとセキュリティ:
・au_Wi-Fi2:WPA2エンタープライズ)
・au_Wi-Fi:WPA2
・Wi2premium_club:WPA2
・Wi2_club:(WPA2)
・0000Wi2:WPA2
・UQ_Wi-Fi:WEP
・Wi2premium:暗号化なし
・Wi2:暗号化なし
・wifi_square:暗号化なし

au Wi-Fi SPOTサービスページ

docomo Wi-Fi

料金

ドコモ回線を契約している:無料(スマホ)
パソコン・タブレット:300円/月

利用可能スポット

全国15万ヶ所以上で利用可能

主なサービスエリア

スターバックス、エクセルシオール、ドトール、モスバーガー、デニーズ、セブンイレブン、駅、空港、各鉄道など

利用環境

対応規格:
IEEE 802.11a/b/g/n
ネットワークとセキュリティ:
・0000docomo:WPA2-PSK/CCMP(WPA2パーソナル)
・0001docomo:WPA2-EAP/CCMP(WPA2エンタープライズ)

理論上の最大450Mbpsとなっています。

関連記事:iPhone/iPad、Androidでdocomo wifiに接続する方法。

docomo Wi-Fiサービスページ

フレッツスポット

フレッツ・スポットは、2019年3月31日をもち提供終了となります。それに伴い、フレッツ光東日本エリアでは2016年4月28日、西日本では2017年5月31日をもって新規申込受付となりました。

料金

フレッツ光を契約中の方:200円/月

利用可能スポット

全国各地で利用可能

主なサービスエリア

スターバックスコーヒー、ドトールコーヒー、エクセルシオールカフェ、ロッテリア、バーガーキング、モスバーガー、ファーストキッチン、ケンタッキーフライドチキン、タリーズコーヒー、プロント、サンマルクカフェ、ガスト、他駅や空港など使えるスポットは多数。

フレッツ・スポット[NTT東日本] アクセスエリア検索
フレッツ・スポット[NTT西日本] アクセスエリア検索
光ステーション サクセスエリア検索(48255箇所)

利用環境

対応規格:
IEEE802.11b/g
※光ステーションエリアではIEEE802.11a/b/g/n/ac対応が可能。
ネットワークとセキュリティ:
・NTT-SPOT:WEP
・0000FLETS-SPOT:WPA2-PSK

店舗によりますが、セキュリティもWi-Fi規格も最高のものを利用している店舗もあるようです。光ステーション加入店舗の方が通信速度も速くおすすめできます。また利用可能箇所も他と比べ多いですが、新規契約を終了しているため、今後増えることはなさそうです。

フレッツ・スポットサービス内容紹介

公衆無線LANサービス選ぶときの選定ポイント5つ

公衆無線LANサービスについて、選ぶときに気をつけたほうが良い点とをまとめました。サービスを検討する際の参考になれば嬉しいです。

1.自分が使いたい場所がWi-Fi対応エリア内かどうか

公衆無線LANサービスによって利用できる場所が異なります。よく行くカフェで使いたい、電車に乗っている時に使いたい、など、ご自身の利用したい場所で使える公衆無線LANを選ぶのがよいでしょう。また、外出先で急遽Wi-Fiを使いたいというとき、Wi-Fiスポット箇所が多く、さまざまな場所で使えるというのもメリットかと思います。

2.セキュリティ対策は万全か?

セキュリティは暗号化で行われます。公衆無線LANやフリーWi-Fiは3つの暗号化方式のいずれかで利用されています。セキュリティも把握しておくと安心です。

≪暗号化規格について≫
暗号化方式は主に3つあります。
■WEP
初期のセキュリティ方式。
1分前後で簡単に解読されてしまうと言われており、この方式だけでは危険性がある。
■WPA
WEPの暗号化とユーザー認証を組み合わせた方式。
WEPより解読に時間がかかるので安全性は高まるが、暗号化の方式はWEPと変わらないので危険性は残る。
■WPA2-EAP
最新のセキュリティ方式。セキュリティは最も強固で、解読されたという例はまだない。

3.通信速度はどのくらいか?

通信最大速度は無線LAN規格によって変わります。現在最新で最速の規格は「IEEE 802.11ac」です。11ac規格に対応するフリーwifiの方が速度は速くなるでしょう。

4.Wi-Fiの繋がりやすさはどうか

繋がりやすさは、対応する周波数帯を見ると分かります。この周波数帯は、規格によって定められており、2.4GHz帯と5GHz帯の2種類があります。

■2.4GHz帯
・障害物に強い
・電子レンジ、Bluetooth、無線キーボード、マウスが同じ周波数帯なので干渉しやすい

■5GHz帯
・障害物(壁など)に弱い
・同じ周波数帯を使用する機器がないので、電波干渉しづらい

5.Wi-Fiの料金

料金ももちろん気になる所ですね。公衆無線LANサービスは大体月額200円~500円ほどで利用できます。各携帯キャリア会社が提供するWi-Fiだと、その携帯キャリアを使っていれば無料になる場合もあります。また、ソフトバンクWi-FiはBBモバイルポイント(Yahoo!無線LANの提供エリア)が使え、au WiFi SPOTはWi2 300のエリアも使えるので、各携帯キャリアのWi-Fiを使った方がお得感がありますね。

まとめ

無線LANスポット、Wi-Fiスポット、フリースポットなどさまざまな名称で公衆無線LANを街中で見かけることが多くなりました。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、総務省でも公衆無線LANの整備の促進が取り組まれています。ますます普及が進む公衆無線LANですが、中にはセキュリティ対策が十分でないものも見受けられ、安全対策への意識も高まっています。

暗号化されていない公衆無線LANよりも、暗号化されている公衆無線LANの方が安全だというのは一般的に知られています。ネットワークキーが不要な公衆無線LANはお手軽ではありますが、セキュリティ対策という面においては暗号化されているSSIDを利用するようにしましょう。また携帯キャリアの公衆無線LANは比較的安心であることで知られています。より確かな安全性を求めるのであれば、携帯キャリアの公衆無線LANサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。