旅行に行く前に知っておきたい!イギリスのWi-Fi事情とフリーWi-Fiスポット

バッキンガム宮殿やビッグ・ベン、大英博物館など日本でも人気の旅行先が多くあるイギリス。旅の計画を立てているという方も中にはいるでしょう。イギリス旅行へ行く前に、確認しておきたいのが、フリーWi-Fiの利用可能なスポットです。フリーWi-Fiが利用できるスポットを知っておくと、手間やお金をかけず、インターネットを利用することができます。そこで今回は、イギリスのWi-Fi事情とフリーWi-Fiが利用できるスポットについてご紹介。お金をできるだけかけずに快適なインターネットライフを送りたいという方は必見です。

イギリス(ロンドン)でのインターネット利用

londonwifi

海外旅行先でインターネットを使うためには、フリーWi-Fiを利用する他に、Wi-Fiレンタルやキャリアのパケ放題を利用するといった方法もあります。イギリスのWi-Fi事情を知る前に、イギリスでこれらを利用するとどれぐらいのお金がかかるのかということを見ていきましょう。

wifiレンタル

まずは、Wi-Fiレンタルを利用した場合をご紹介。主要なWi-Fiレンタル会社の金額は以下の通り。

■イモトのWi-Fi 
1か国のみへの旅行
・4GLTEプラン1,580円/日
・3GWi-Fiプラン980円/日

2か国以上への旅行
・ヨーロッパ周遊プラン1,280円/日

■グローバルWi-Fi
1か国のみへの旅行 
・4GLTEプラン1,470円/日(250MB)
・3GWi-Fiプラン 970円/日(250MB)

2か国以上への旅行 ヨーロッパ周遊プラン
・3G周遊1,380円/日
・4G周遊1,680円/日

■テレコムスクエア
1か国のみへの旅行 デイリー(4G / 3G)
・1,000円/日

2か国以上への旅行 周遊タイプ
・1,200円/日

プランや旅行する国の数などにもよりますが、イギリスの場合は、基本的に1,000円前後のようです。メールやSNSだけなら3Gでも十分ですが、より快適に利用をしたいという方は、4GLTEプランが良いでしょう。

キャリアのパケ放題

一方で、キャリアのパケ放題は以下の通りです。主要3社のプランをご紹介します。

■docomo
海外1dayパケ 1,280円/24時間
海外パケホーダイ 最大2,980円/日(約24.4MBまでは、最大1,980円/日)

■au 
世界データ定額 980円/24時間
海外ダブル定額(4G LTE)最大2,980円/日(約24.4MBまでは、最大1,980円/日)

■ソフトバンク
海外パケットし放題(iPhone)最大2,980円/日(約25MBまでは、最大1,980円/日)

auやdocomoなどには、1日だけ利用できるプランもあるようですが、基本的に大手3社のパケ放題プランは、最大で2,980円のようですね。

フリーWi-Fiがおすすめ

イギリスへ旅行をする場合、何日間か現地に滞在するというパターンが多いでしょうから、1日単位でお金がかかるこの方法では、最終的に結構な料金がかかってしまうことになります。外でも快適にWi-Fiを使いたいということであれば、Wi-Fiレンタルやキャリアのパケ放題といった方法がいいですが、そこまで頻繁に利用をしないのであれば、フリーWi-Fiでも十分と言えるでしょう。後ほど詳しく説明しますが、イギリスにはフリーWi-Fi スポットを利用できる場所がたくさんあるので、上手く活用することで、インターネットの利用にかけようと思っていたお金を浮かせることが可能です。

イギリスのWi-Fi事情

イギリス、特にロンドンでは、フリーWi-Fiスポットがいたる所にあるので、比較的簡単にWi-Fiに接続することができます。日本でもフリーWi-Fiスポットとしてお馴染みの、スターバックスなどのカフェ店のほか、デパートなどでもフリーWi-Fiを利用することが可能です。銀行でも利用することができるので、少しだけメールを送りたいなんてときは、立ち寄ってみるのもいいかもしれません。もちろん、長居は禁物です。また、有名な観光地が多いイギリスらしく、フリーWi-Fiスポットが整備されている観光スポットもあるので、フリーWi-Fiを利用しながら、観光地を散策することもできますよ。

Sky Wifi

sky_wifi_london

イギリスに観光へ行くならまず登録しておきたいのが「Sky Wifi」。以前は、「The Cloud」という名称でフリーWi-Fiを提供していましたが、リブランドされたようです。イギリスの大手飲食チェーン店やスーパーなどが加盟しているサービスで、20,000以上のフリーWi-Fiスポットを利用することができます。「Sky WiFi Finder」というアプリを使えば、フリーWi-Fiのスポットをインターネットが無い場所でも探すことが可能。中には、時間制限が設けられているスポットもあるので、使う際は、確認をしてから使用するようにしましょう。イギリスでフリーWi-Fiを利用したいという人ならば、必ず入れておきたいアプリと言えます。

使い方:アプリをダウンロードし、名前、住所、電話番号、メールアドレスなどを登録。イギリス国内のフリーWi-Fiスポットを簡単に探せるようになります。

Sky Wifi URL:https://www.thecloud.net/

飲食店のフリーWi-Fi事情

最近では、日本でも多くの飲食店でフリーWi-Fiスポットの導入が進んでいますが、イギリスのレストランやカフェでもフリーWi-Fiを利用することができます。特にロンドンでは、多くの場所でフリーWi-Fiが利用可能。フリーWi-Fiスポットが利用可能なお店かどうかは、店員に聞くのが一番確実な方法ですが、英語が苦手という方もいるかと思います。そんなときは、窓や扉に「Free Wi-Fi」の文字があるか確認をするようにするといいかもしれません。また、パスワードを入力するタイプのWi-Fiの場合、レシートにパスワードが書かれていたり、店頭に張り出されている場合もあります。大抵の場合、店の中で発見ができるので、探してみましょう。

スターバックス

starbucks_london

今や日本でもWi-Fi利用できるスポットとして、当たり前となってきたスターバックス。紅茶の国と名高いイギリスでも、いたるところでその姿を見かけることができます。イギリスのスターバックスでは、ほとんどの店舗でフリーWi-Fiを利用可能。多くの場合は、パスワードを入力することなく、簡単にフリーWi-Fiを使用することができるそうですが、中にはパスワードを求められる店舗もあるとのこと。パスワードがわからない場合は、店員に聞いてみましょう。

使い方:スターバックスの店舗で、Wi-Fiに接続しwebブラウザを開き「Connect」をクリック。すぐにWi-Fiの利用が開始されます。

Café NERO

cafe-nero_london

スターバックス同様に、フリーWi-Fiスポットとして覚えておきたいのが「Café NERO」。イギリスで人気のコーヒーショップです。Café NEROが提供しているフリーWi-Fiは、Sky Wifiのもの。すでにSky Wifiの登録を済ましている方であれば、スムーズに利用することができるでしょう。

SSID:最近まで「_The_cloud」という名称だったようですが、リブランドしたため、Sky wifiとなっている可能性もあります。わからない場合は、店員に話を聞いてみるといいでしょう。
使い方:SSIDを選択し、ブラウザを起動。住所や電話番号などを入力しアカウントを作成し、ログインをすれば完了です。

その他の飲食店チェーン店

以下は、フリーWi-Fiが利用できるイギリスのチェーン店です。

■EAT(イート) カフェ
■Pret a Manager(プレタ マンジェ)サンドウィッチ
■KFC(ケンタッキーフライドチキン) チェーン飲食店
■Krispy Kreme(クリスピークリームドーナツ) ドーナッツ

公共交通機関&ホテルのフリーWi-Fi事情

地下鉄

ロンドンオリンピックに伴い、ロンドン市内の一部の地下鉄でフリーWi-Fi利用できるようになったのですが、現在では残念ながら有料での利用に限られているようです。金額は、1日2ポンド、1週間5ポンド、1ヶ月15ポンドとなっています。1ポンド当たり約145円なので、パケ放題やWi-Fiレンタルを利用するよりもお得に済みそうです。ただし、注意して欲しいのが利用できる時間です。Wi-Fiが利用できるのは、始発から終電まで。何時に登録しても終電の時刻になると1日利用したとカウントされてしまうので、終電間際に登録するのは控えましょう。終電が来ると使えなくなる上に、2ポンドを失ってしまいます。

ホテル&長距離列車

london_hotel

また、イギリスではホテルや長距離列車でもWi-Fiを利用することができます。ヒースロー空港とロンドン市内を結ぶヒースローエクスプレスもその一つ。コンセントも完備されているので、充電をしつつ快適な旅を送ることができます。ホテルは、Wi-Fiが備わっていところが多いとのことですが、中にはWi-Fiが使えなかったり使うのにお金がかかる場合も多いので、事前に泊まるホテルのWi-Fi事情を把握しておいた方がよさそうです。

博物館&美術館のフリーwifi事情

londn_museum_wifi

ロンドンでは、博物館や美術館といった場所でもフリーWi-Fiを繋げることができます。SSIDは、施設に由来する名称になっていることがほとんどなので、確認をしてみましょう。ただし、フリーWi-Fiはカフェテリアの周辺でしか使えないという場合が多いので注意が必要です。広い博物館が多いですから、休憩がてらフリーWi-Fiに接続して次の行き先を決めるなんて使い方がいいかもしれません。

確認できた施設は以下の通りです。
■British Museum(大英博物館)
■Natural History Museum(ロンドン自然史博物館)
■Victoria and Albert Museum(ヴィクトリア&アルバート博物館)

有料Wi-Fiスポット

london_bt_wifi

有料でもWi-Fiが使いたいという人におすすめなのが、BTが提供をしているWi-Fiスポット。1時間5ポンド、1日6.95ポンドでWi-Fiに繋げることができます。日本円にすると1,000円ほどかかってしまう計算なので、あまりお得とは言えませんが、いざという時に覚えておいて損はないはずです。他のデバイスなどを持ち運ぶ必要がなく、イギリス全土で使うことができるため、手軽にwifiを利用したいという方は重宝しそうです。

SSID:BTFON、BTOpenzone
使い方:公式サイトにアクセスし、申込みをすれば利用できるようになります。

BTwifi:https://www.btfonpurchases.com/en_GB/products

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、イギリスのWi-Fi事情とフリーWi-Fiスポットについてご紹介しました。日本よりもWi-Fiスポットが発達している印象のあるイギリス。カフェなどのフリーWi-Fiも利用しやすそうですね。特に「sky wifi」はロンドン市内の多くの場所で利用することができます。イギリスへ旅だったらすぐに使えるように、アプリを先に導入しておくといいかもしれません。