セキュリティは大丈夫??フリーWi-Fiを安全に使う方法

カフェや駅、さまざまなエリアでWi-Fiを使えるスポットが増えてきましたね。
フリーWi-Fiスポットも増えて、さらに気軽にWi-Fiを利用できるようになっていますが、やはり気になるのはセキュリティ。
「パスワードを入力してログインしているし、大丈夫なんじゃないの?」と安心してはいけません。もし悪意のある人に狙われたら、大切な情報が簡単に盗まれてしまうかもしれません。今回はフリーWi-Fiのセキュリティ対策をご紹介します。

鍵(南京錠)マークがあるからと言って安心するのは危険!

街中でフリーWi-Fiにつなげるとき、セキュリティの鍵(南京錠)マークがついていないものは暗号化されていません。
情報を盗み読まれる可能性があるのでアクセスしない、と気をつけている人も多いと思います。

wifi

ただ、このセキュリティキーがついているWi-Fiからといって、安心することはできません。
フリーWi-Fiでは、お店などのステッカーに書かれているパスワードを入力したり、事前登録してあるログイン画面からアクセスしたりすることが多いですよね。つまり、基本的にみんな共通のパスワードを使っていることになります。言い換えると、見ず知らずの他人と同じWi-Fiを使うということは、その通信が暗号化されていたとしても、暗号を解読するパスワードはみんなが持っていることになります。仮にその中に悪意をもつ第三者がいれば、盗聴されたり情報を盗み読まれたりしてしまう可能性があります。暗号化されているからと安心して、クレジットカードやネットバンキングなど、重要な情報のやりとりをしないように注意してください。

大切な情報を守るにはどうしたらいいの?

悪意のある第三者による情報の抜き取りや盗聴を防ぐ簡単な方法は、SSLを使用することです。SSLは「Secure Sockets Layer(セキュア ソケット レイヤー)」を省略した言葉で、インターネット上でデータを送受信する際に内容を暗号化をする仕組みのことです。SSLであれば、サーバーまでの経路を盗聴不可能な形で暗号化することができます。

SSLを利用するために特別な設定をする必要はありません。gmailやメールソフトをはじめ、オンラインショップなどの暗証番号の入力が必要なサイトなど、多くのサイトはSSL化されています。そのサイトがSSL化されているかを見分ける方法はとても簡単。ブラウザ画面に表示されるURLが「https」となっていたら、そのサイトはSSL化されているということを意味します。
wifi5

ただ、SSLも万能ではありません。SSLで保護されている場合、目的のサーバーまでの経路はセキュリティで守られていますが、悪意のあるフリーWi-Fiアクセスポイントでは、cookieを盗まれたり、偽サイトに誘導されたりしてしまうことがあります。また、ユーザーが特定のサイトにアクセスしようとしたときに、マルチウェアを仕込んだサイトに誘導されるてしまうと、情報流出やアカウントの乗っ取りなどの危険もあります。

「それなら、知らないSSID(Wi-Fiアクセスポイントの識別名)にはアクセスしなければいいんじゃないの??」と思いますよね。ところが、大手カフェやコンビニが提供しているフリーWi-Fiだからといって、必ずしも安心できるとは限りません。犯罪者がフリーWi-FiのSSIDやセキュリティキー利用し、全く同じアクセスポイントを偽装設置して、利用者の通信内容を盗聴するという可能性もあるからです。

フリーWi-Fiを安心して使うにはどうしたらいいの??

ここまでフリーWi-Fiを利用する際の注意点についてご紹介してきましたが、最近ではフリーWi-Fiのセキュリティ強化が進んでいるため、実際はそこまで神経質になる必要はありません。ただし、個人情報やクレジットカード情報、オンラインバンキングの口座情報など、重要な情報をフリーWi-Fi上で送受信するのは避けてください。フリーWi-Fiを利用する際は、もし他人に閲覧情報を見られても問題無いと思えることだけに限定しましょう。

それでもフリーWi-Fiの利用が不安な人には

「VPN」という言葉を聞いたことがありますか?VPNとは「Virtual Private Network(バーチャル プライベート ネットワーク)」の略で仮想プライベートネットワークのことです。簡単に言うと、自分のスマホやPC端末とサーバーの間にあるインターネット空間に仮想のトンネルを設計し、暗号化した情報をやりとりさせ、情報にアクセスできる端末を絞る技術です。信頼できるVPNサーバーまでの経路がまるごと暗号化されるため、外部から覗かれにくく、もし覗かれたとしても暗号化されているので、簡単には内容を読み取られることはありません。

VPNは企業で使われることが多かったのですが、最近では無料配布のVPNサービスもあり簡単に入手できます。
色々な場所でフリーWi-Fiを利用するという人は、VPNを使えばより安全にフリーWi-Fiを利用できるようになります。

おすすめ無料VPN

■OperaVPN
https://itunes.apple.com/jp/app/opera-no-wu-liao-vpn-guang/id1080756781?mt=8

■VPN Gate
http://www.vpngate.net/ja/download.aspx

■パンダVPN
http://www.pandavpn-jp.com/

■VPNマスター
https://play.google.com/store/apps/details?id=free.vpn.unblock.proxy.vpnmaster&hl=ja/

注意点

VPNを使うと、通常の通信に比べて少し速度が遅くなります。セキュリティ面で安心できる場合は、VPN通信はオフにしておくのも一つの手です。

まとめ

フリーWi-Fiを使うときは、完璧なセキュリティ対策はないものの、「SSIDの分からないwifiには接続しない」「SSL化されたサイトだけを閲覧する」「VPNを利用する」など、総合的にセキュリティレベルを高めることにより傍受されるリスクを軽減できます。フリーWi-Fiは外出先で気軽にインターネットが利用できて、インターネットユーザーにとってとても便利なサービスです。セキュリティリスク理解した上で予防対策をしっかりと行い、快適に利用してください。