スマホで簡単注文、UberEATSとは?

お休みの日に人気のレストランへ行ったら1時間待ち…。だからといって空いているお店へ行って満足しなかったら嫌だし、なるべく今の場所から移動せずに早く美味しい料理が食べたい。そんなときに便利なのがこの『UberEATS』です。UberEATSは、人気の飲食店のメニューを簡単に注文し配達してもらえるサービスです。では早速、UberEATSとはどのようなものなのか、お伝えしていきます。

UberEATSとは

日本に2016年10月から登場した宅食サービスです。通常、宅配を行っていない人気のレストランでも、UberEATS限定で配送エリアであればどこにいても配送してくれます。UberEATSは、人気の飲食店のメニューを簡単に注文し配達してもらえるサービスですが、もともとは配車サービス「Uber」を世界規模で展開していたUberによるサービスであり、既に海外では頻繁に利用されています。

そのUberEATSが今回、東京の銀座、渋谷、新宿などの多くのエリアで、利用できるようになったのです!現時点では東京都のみですが、今後は、大阪や京都、名古屋などに展開する日も近いといわれています。Uber EATSの特徴は、呼び出しから支払いまで、全てスマホアプリ上で完結できることです。一般的なデリバリーサービスでは、店舗や会社に連絡して、指定住所まで配達してもらいますよね。

しかし、Uber EATS ではアプリからGoogle mapで場所を指定し、その場所に来てもらうことができます。GPSを利用したアプリ設計により、配達員がどこにいるのかもアプリ上で確認できる便利なアプリサービスなのです。

豊富なラインアップ

IMG_5972

UberEATS には100を超えるレストランが掲載されています。アプリを開いたら、フィードをスクロールし、お好みのメニューを探すこともレストラン名や料理の種類で検索することが可能です。

素早い配達時間

UberEATSでは、人気レストランのお料理をお届けします。注文から到着までの所要時間は平均して35分ほどです。

Uber EATSに登録するには?

まずはアプリをダウンロードします。対応OSはiOS/Androidなので、スマートフォンを持っていることが条件になります。

アプリをインストールしたら登録

ダウンロード後にアプリを開くと、「ログイン画面」が表示されます。

ログイン画面
初めてのかたは緑枠下の「登録」をタップして下さい。「登録」をタップすると、アカウント作成画面に移行します。ここでメールアドレスとパスワード、携帯電話番号を設定すれば完了です。

アカウント作成
次に、配送場所を設定します。配送場所は「自宅」と「勤務先」の住所を設定しておきます。ここで登録した情報に基づき、Uber EATSが最寄りの配送可能レストランを表示してくれます。

配送場所を登録したら、最後に支払情報を登録します。クレジット番号を入力したら、登録完了です!

クレジット番号入力

登録が完了したら、実際に注文してみる

アカウント作成が完了すると、登録した配送先の周辺のレストランが表示されます。

Uber EATS店舗画面
メニュー画面

店舗画面から下にスワイプすると、メニューがずらりと用意されています。利用できるレストランの全体的な相場の価格は1,200円前後です。割高ではあるものの、有名レストランのメニューを手軽に配達してもらえるのは魅力的ですよね。昼食手当がでる会社に勤めている場合、時間もお金も節約できていいかもしれません!注文に誤りが無ければ注文をタップし、注文完了です。

注文完了

配達状況を確認

配達状況の画面

アプリで注文状況を確認できます。まず、レストランが注文を受け付け、調理を開始します。調理が完了するころ、付近の Uber パートナーが車、自転車、またはスクーターでレストランに向かい、注文品をピックアップします。そして配達員がお客様の元へ向かいます。アプリには配達員の名前と顔写真が表示され、配達状況をマップ上で確認できます。

お腹が空いたらタップして食事を楽しむだけ!

IMG_5974
UberEATSでは、お好きな時に、お好きな場所で、お好きな料理を食べることができます。公園のベンチや会社のデスク、ご友人宅のホームパーティでも、UberEATSのアプリをダウンロード、あるいはウェブサイトからアクセスして料理を注文してみてください。

出典:UberEATS