5Gで通信環境がどう変わる?今のスマートフォンは使えるの!?

スマートフォンやパソコンに限らず、さまざまなモノがインターネットに接続され始めた現代。このまま端末が増えれば増えるほど、ますます通信インフラの重要性が高まってきます。そんな未来の暮らしを支える次世代通信システムが「5G(第5世代移動通信)」です。

2020年の春頃には提供が開始されると言われている5Gですが、導入されることにより、これまでとどう変わるのか?何ができるようになるのか?今のスマートフォンは使えるのか?など、素朴な疑問についてお答えしていきたいと思います。

なぜ5Gが必要なのか

2020年に向け、急速な盛り上がりを見せている5Gは、なぜ必要なのでしょうか。

さらに使い勝手をよくして便利にするため

スマートフォンで観ている動画の画質をもっときめ細かくしたり、ダウンロードを速くできるようにしたり、角度から観ることができるようにしたりなど、スマホの利便性を高める目的があります。

また、乗用車の自動運転や、農工業機械の遠隔操作、ロボットやAIなど、現在の最先端技術をさらに使い勝手を良くして便利にするためにも5Gが必要です。

一度につなぐことができる通信機器の数を大幅に増やす必要があるため

家電や車などのIoT(モノのインターネット)のように、これまで無線ネットワークにつながっていなかったさまざまなモノが、ネットワークにつながるようになってきました。そのため5Gを利用して、一度につなぐことができる通信機器の数を大幅に増やすことが必要になります。

ネットワークの新しい性能が求められるようになるため

ネットワークにつながる機器の種類も数も増加することで、サービスが多様化します。用途によっては4Gでは実現できないほど、通信のタイムラグを減らし、よりリアルタイムに近い通信機能が必要になるなど、ネットワークの新しい性能が求められるようになります。

WiFiを安く導入するならレンタルプラン

5Gになるとどう変化するのか

4Gから5Gになると、「ネットにつなぐ」「検索する」「データのアップロード/ダウンロード」などが、ほとんど勝手に行われます。今はネットでニュースを読んだり、メールを読んだりするには、ネットワークの世界にスマホで自分から能動的にアクセスする必要があります。

しかし5Gの時代になると、さまざまなモノが通信ネットワークにつながることで、スマホを取り出して操作しなくても、無意識のうちに必要な情報が手に入るようになります。つまり、ネットワークの世界とリアル(現実)の世界の境界が無くなって結び付き、今まででは考えらえなかったような新しいサービスやデバイスが誕生し、それが当たり前の時代となっていくのです。

5Gの具体的なデータは以下のとおりです。

「高速・大容量」

現在の「4G」回線なら1Gbps。これは1秒あたりに送れるデータ量は最大で1ギガビットであることを意味します。これが5Gになると、なんと20倍の20Gbpsになります。4K・8Kの高精細な画像や動画も、スムーズに配信・視聴ができるようになります。

例えばスポーツ観戦においては、複数の方向からカメラで撮影した映像をリアルタイムで処理し、視聴者が見たい視点からのVR映像を楽しむことができます。また、医療の質も向上し、高度な診断が可能となり、在宅医療といった選択もできるようにもなります。

「低遅延」

いわばデータのタイムラグで、4Gなら送信したデータが基地局に届くまでに1/100秒の誤差が生じていますが、5Gが始まれば現状の1/10に! 誤差は1/1,000秒にまで縮められることになります。現在は前方・後方についたセンサーを利用した自動車の制御システムも、周辺環境や交通状況、標識の情報なども含めた処理を即時に行うことで、完全自動運転が可能となる時代へと変化していきます。

「多接続」

同時に接続できる端末の数です。4Gだと1平方キロメートルあたり10万のデバイスにつながるに留まりますが、5Gになると、10倍の100万デバイスにつながります。スマートフォンにとどまらず、あらゆる機器に通信機能が付随されることで、スマートシティなどIOT分野での活用の幅が拡がります。

今よりも大量のデータが20倍も早く、タイムラグも1/10に縮小され、10倍もの数のデバイスでやりとりできるようになる5Gは、人の手を必要とする作業が大幅に低減されることで、少子高齢化問題や経済的格差の是正など、多くの社会問題を解決できると期待されています。

スマートフォンは持たなくても良くなる?

今の私たちの生活に必要不可欠なスマートフォン。現在のスマートフォンを使用することはできますが、5Gの世界では、スマートフォンという形のものは持ち歩く必要がなくなるかもしれません。その代わりに、腕時計や眼鏡につけるウェアラブル端末が外部と通信する役割を担います。検索しなくても必要な情報は入手できますし、何か調べたいなら端末に向かって話しかければ良いということになれば、大型のディスプレイも不要になるかもしれません。

5Gでクラウド上のAIにつながった端末がいたるところにあれば、そこから情報を出し入れすれば良いわけですし、複雑な処理はAIが代わりに行ってくれます。指紋や顔などで個人を認証し、一人ひとりに合わせて情報を加工・提供することも十分に可能です。そうなれば、わざわざスマートフォンを持ち運ぶ必要もなくなります。

現時点では「スマートフォンを持ち歩かないなんて想像できない。こんなに便利なもの、手放すことなんてできない。」と感じている方がほとんどだと思います。しかし、日本でスマホが急速に普及したのは、4Gが整備された2010年代に入ってからのこと。「スマートフォンが必要な暮らし」を始めてから、まだ約10年しか経っていないのです。

逆に2000年ごろの私たちに、「10年後には誰もが小さなスクリーンを持って、そこから画像や映像で情報を得るようになる」と言っても、想像がつかなかったでしょう。極言すれば、5Gが普及した世界とは「社会全体がロボット化した社会」。行く先々で、AIにつながった賢いモノが私たちをサポートしてくれる未来が待っているのです。

まとめ

便利なサービスは急速に普及し、私たちの認識を短期間で変えていきます。5Gの世界ではあらゆるモノが賢くなり、スマートフォンを持ち歩くことが不要になる時代となることが予想されています。

5Gにより、あらゆるモノがネットワークにつながることで、現在の技術的なハードルを乗り越え、大きな進化を迎えます。今後新たなビジネスが生まれ、雇用の創出にもつながることでしょう。5Gの普及によって、世界がどのように変わるのか、どんな未来が待っているのか、期待と楽しみが膨らみますね。

高性能Wi-Fiを手軽に試したい方はこちら
話題の高性能メッシュWi-Fiで快適な通信環境を希望される方はこちら

Wi-Fiについて詳しく知りたい方はこちら

必須名前
必須連絡先Email
必須ご質問事項

お問い合わせには、 当社の「プライバシーポリシー」への同意が必要となります。

入力内容に問題がなければ「送信」を押してください。