想像以上に使える!明日から使えるコンビニWi-Fi徹底比較

街中至る所に飛んでいるWi-Fiですが、地方や都心部以外に行くと途端に少なくなったりします。しかし、そういった場所もカバーしているものが「コンビニWi-Fi」です。コンビニWi-Fiは各コンビニなどにあり、そのエリアカバー率は圧倒的です。今回は、そんなコンビニWi-Fiについてご紹介します。

コンビニWi-Fiとは?

まずはじめに、コンビニWi-Fiとは何なのか、説明します!

無料で使用できる

「無料」という点が大きいではないでしょうか。会員登録は必要になりますが、それも3分程度で終わり、気軽に接続できます。ついつい、スマホのパケット量を使い過ぎてしまった時でも非常に助けになりますし、至る所にコンビニはあるので、利便性も高いです。

圧倒的カバー率

「セブンイレブン」、「ローソン」、「ファミリーマート」など、主要なコンビニだけでも全国に5万店舗以上あります。その数だけWi-Fiスポットがあると考えるとすごい数ですよね。店内だけではなく、多少離れても10mほど電波が届くようなので、車でも使用可能となっています。

WiFiを安く導入するならレンタルプラン

セキュリティ面が不安という方には、ポケットに入る軽量サイズにもかかわらず、外出先で高速Wi-Fiが利用可能になる、ワイヤレストラベルルーターがおすすめです!是非ご利用になってみてはいかがでしょうか!
  

各社のWi-FIの特徴

それでは早速各社の特徴を見ていきましょう!

セブンイレブン

seven
セブンイレブンは、「7SPOT(セブンスポット)」というWi-Fiサービスを提供しています。「7SPOT」という名称ですが、実はセブンイレブン以外でも使用でき、イトーヨーカドー、デニーズ、アカチャンホンポ、そごう、西武、Loftなど、セブン&アイホールディングスのグループ会社で使用できます。ブラウザでの接続には制限があり、1日3回、1回につき1時間までの接続となっています。また、「セブンイレブンアプリ」「デニーズアプリ」「アカチャンホンポアプリ」「ヨークマートアプリ」をダウンロードすれば、対応する各店舗でインターネットを無制限に利用が可能です。ブラウザでの利用でも、アプリでの利用でも、セブンスポット会員もしくは7iD会員への登録が必要です。

【良い点】
・セブン&アイホールディングスのグループで使用できるため、提供数が多い。
・7SPOT限定の配信サービスなどが魅力的。
・対応アプリをダウンロードすれば、無制限に接続できる。

【悪い点】
・アプリがiOSデバイス向けのApp Storeでしかダウンロードできない。
・ブラウザでの利用は、接続回数、時間に制限がある。

ローソン

lowson
ローソンは、「LAWSON Free Wi-Fi(ローソンフリーワイファイ)」という名称で提供しています。以前は、ポンタ会員のみや、アプリからでしか接続できないなど、さまざまな制約が多かったのですが、現在では他のコンビニ同様ブラウザからの接続が可能になりました。接続時間は1回1時間で、1日5回まで接続が可能です。コンビニの中では最長ですね。また、ローソンは「Japan Connected-free Wi-Fi(ジャパンコネクテッドフリーワイファイ)」という訪日外国人観光客向けのフリーWi-Fiアプリも提供しています。さらに、「docomo Wi-Fi」が使えるほか、一部店舗では「au Wi-Fi SPOT」「ソフトバンク Wi-Fi スポット」「Wi2 300」も使えて非常に便利です。

【良い点】
・接続回数が5回と多く、1回の接続時間も長い。
・会員登録がメールアドレスの登録のみなので簡単。
・外国人観光客向けのフリーWi-Fiアプリや、docomo、au、ソフトバンク、Wi2などのWi-Fiが利用可能。

【悪い点】
・接続回数は多いが、回数に制限がある。
・au、ソフトバンク、Wi2のフリーWi-Fiは、一部店舗では対応していない。

ファミリーマート

familymart
ファミリーマートは、「Famima_Wi-Fi(ファミマワイファイ)」という名称で提供しています。提供数は全国で1万6千店舗以上で、さらに2016年1月にサークルKサンクスと経営統合したため、提供店舗数が大幅に増えました。会員登録の手順などは7SPOTと似ていて、会員登録してからの接続になります。
ブラウザでの利用は、1日3回までの接続で1回の接続時間は20分までと、他のサービスよりも短くなっています。「ファミリーマート Wi-Fi簡単ログインアプリ」という、専用アプリからもWi-Fi接続が可能で、こちらは1日3回までの接続で、1回の接続時間は1時間までと、ブラウザでの接続よりは長くなっています。

【良い点】
・サークルKサンクスとの合併により、提供店舗数が大幅に増えた。
・キャンペーンやお得情報が手に入る。
・アニメとコラボした壁紙プレゼントがあるなど、コンテンツが豊富。
・イートインスペースがある店舗もあり、気兼ねなくWi-Fiを使用できる。

【悪い点】
・Wi-Fi接続画面にコンテンツが複数あり、やや複雑なので、会員登録の手続きがわかりにくい。
・ブラウザ経由の場合、接続回数に限りがあり、1回の接続時間が20分と短い。
・毎週月曜日1:00~5:00までのメンテナンス時間は利用できない場合がある。
・アプリではAndroidタブレットやiPod touchなど、利用できない端末もある。

コンビニWi-Fiは独自コンテンツが豊富

各コンビニでは、独自のコンテンツを提供しています。ゲームの限定キャラや、アニメ、アイドルとコラボした壁紙プレゼント、ドラマ配信など多岐にわたります。魅力的なコンテンツの多いところに顧客が増えるなど、「コンテンツの豊富さ」というのも、今後さらなる発展がありそうです。
         

コンビニにもメリットは大きい

一見、ネットコンテンツの管理など費用がかかってしまい、コンビニへの負担は大きそうですが、実はコンビニとしてもメリットはかなり大きいようです。なんといっても、来客数増につながります。コンビニのコンテンツ目当てに来た人がついでに商品を購入したりします。また、Wi-Fiの利用状況と位置情報から、顧客の動向や傾向を掴めるようになり、マーケティングの上でも貢献しています。

災害時などの備えでもある

「東日本大震災」や「熊本地震」などの大きな災害時に使えるインフラとし重要な役割を担っている側面もあります。自宅の電話回線、携帯回線で通信できなくなった場合でも、最寄りのコンビニではWi-Fiが使える可能性もあります。災害時などいざという時に使えるように、事前に最寄りのコンビニWi-Fiを登録しておくと良いかもしれませんね。

まとめ

コンビニWi-Fiは使おうと思った日から使用できるサービスです。コンビニ独自のコンテンツでは、ネット限定のクーポンやお得な情報もあるので常にチェックしておくと良いかも知れません。月々のスマホの通信量が多くて、制限が掛かってしまいそうな場合でも安心ですね。

ただ、狭い店内で長時間居座る行為などは店側にも迷惑なのでやめましょう。また、なるべく商品を購入するなど、店側への貢献も忘れないようにした方が良いでしょう…ルールとモラルを守れば、無料で使うことのできる非常に便利なサービスです。

WiFiを安く導入するならレンタルプラン

Wi-Fiについて詳しく知りたい方はこちら

必須名前
必須連絡先Email
必須ご質問事項

お問い合わせには、 当社の「プライバシーポリシー」への同意が必要となります。

入力内容に問題がなければ「送信」を押してください。

関連タグ

  • 比較