知らないなんてもったいない!!Wi-Fiが繋がりにくいなら無線 LAN中継器「RE305」がオススメ!

自宅でネットをしている際に、”Wi-Fiが繋がりにくい”と感じることはございませんか。もしかすると使用している部屋までWi-Fiの電波が届いていない可能性があります。そんなときにぜひ試していただきたいのが、Wi-Fi中継器です。これを使えば一瞬にして、快適なネット環境を構築することができるでしょう。今回は数あるWi-Fi中継器の中でも、最も注目の無線LAN中継器「RE305」をご紹介いたします。

Wi-Fiが繋らない原因は?

せっかく購入したWi-Fiルーターですが、使用したい部屋まで電波が届かなければ意味がないですよね。Wi-Fiが繋がらない原因として考えられる理由は、主に3つあります。

1.スマートフォンやPCなど、デバイス側に原因がある

この場合、Wi-Fi設定が「オフ」になっているとWi-Fiには繋がりません。また、機内モードに設定されていると、自動でWi-Fi接続が「オフ」になるので一度確認をしてみましょう。

2.Wi-Fiルーターに原因がある

ルーターの誤作動によってWi-Fiに接続できていないケースもあるので、その場合はWi-Fiルーターを再起動してみましょう。また、Wi-Fiは2.4GHz帯と5GHz帯の2つの周波数帯が規格として定義されていますが、そのうちどちらかの回線が混雑してしまい電波が届かないこともあります。再起動してもWi-Fiに接続できなかった場合には、周波数を変えてみましょう。
その他、最もよく耳にする理由は、“電波が部屋まで届いていなかった”という理由です。この場合、今回ご紹介する中継器の出番となります。

3.場所に原因がある

Wi-Fiルーターの場所を変更する必要があります。良いと思って置いた場所でも、近くに金属製品や水回りがあると、それらの障害物によって電波が弱くなり、接続が不安定になる場合があります。そういった場合には、電波の届く範囲まで端末を移動したり、Wi-Fiルーターと端末の向きを変えるなどして、床から1~2mの高さに置き直しましょう。

無線 LAN 中継器とは


出典:https://www.tp-link.com/jp/
無線LAN中継器とは、親機(無線LANルーター)の電波をキャッチして、離れたところにある子機(パソコンやスマートフォンなど)へ、電波を中継してくれる周辺機器のことです。
壁が障害となったり、親機からの距離が離れたりすると電波が弱くなります。そんなとき、親機の電波が快適に届く範囲に中継器を設置することで、より広い範囲内で快適なWi-Fiを利用することができます。

AC1200無線LAN中継器「RE305」の特徴


出典:https://www.tp-link.com/jp/
そこで今回ご紹介したい無線LAN中継器は、TP-Link社が出しているAC1200「RE305」です。この中継器はコンセント直挿しタイプなので、場所を取らず、コードが絡まる心配もありません。まさに、デザイン性にも機能性にも優れた中継器です。

1.高速のデュアルバンドWi-Fiで快適な接続

2.4GHz(300Mbps)と5GHz(867Mbps)でのデュアルバンド通信で、より多くのデバイスを同時に接続することができます。ウェブの閲覧からHDのストリーミング作業まで、ストレスフリーでネット環境を楽しめます。

2.ブリッジモード機能の搭載

LANケーブルをコンセントに差し込むだけで、Wi-Fiのアクセスポイントとして利用できます。
ノートパソコンやゲーム機など有線のインターネット接続を、デュアルバンド無線アクセスポイントに簡単に切り替えられます。

3.アプリから楽々設定

TP-Linkの無料アプリ「Tether」を利用すれば、お手持ちのAndroid・iOSデバイスから、簡単に中継器の設定を行うことができます。また、手間のかかるインストールだけでなく、インターネットのアクセス制限なども行えます。

4.ひと目で分かる設置場所

電波が届かない場所に接続すると、シグナルインジケーターが赤く光ります。一方、良好なコネクションの場合には、青く光るので、最適な場所がひと目で分かります。

製品仕様

ハードウェア機能

規格及びプロトコル IEEE802.11ac、IEEE 802.11n、IEEE 802.11g、IEEE 802.11a、IEEE 802.11b
インターフェイス 10/100M イーサネットポート ×1
ボタン WPSボタン、Resetボタン
消費電力 最大消費電力7.3W
寸法(幅・奥行き・高さ) 80・78・77mm
アンテナ 外部アンテナ2個

ワイヤレス機能

周波数範囲 2.4GHz & 5GHz(11ac)
信号レート 5GHz:最大867Mbps
2.4GHz:最大300Mpbs
ワイヤレス モード 中継器モード/ブリッジモード
ワイヤレス統計
デュアルバンド同時ブーストモード
ワイヤレス機能 ワイヤレス統計
デュアルバンド同時ブーストモード
アクセスコントロール
LEDコントロール
ドメインログイン機能
ワイヤレスセキュリティ 64/128-bit WEP
WPA-PSK / WPA2-PSK
送信パワー <17dBm(2.4GHz) <17dBm(5GHz)

まとめ

今回ご紹介した「RE305」は、初期設定も非常に簡単なので、機械に詳しくない方にもおすすめです。また、中継器は一度設定をしてしまえば、他のコンセントに移動をしても設定なしで使用することができます。Wi-Fiの電波がいまいち入りずらいと感じている方はぜひご検討されてみてはいかがでしょうか。

また、ご家庭やオフィスのWi-Fi環境に関するご相談も承っています。「どんなルーターを選べば良いかわからない」「Wi-Fiの導入を検討している」という方は、是非お問い合わせください。経験豊富なコンシェルジュが最適なインターネット環境をご提案いたします。

出典:ティーピーリンクジャパン株式会社