Wi-Fiルーターを1番安い料金で使える方法を知りたい方必見!安く使える方法を教えます。

現在では生活の必需品ともいえるWi-Fi。公共施設でも無料Wi-Fiがどんどん導入されてきて、便利な世の中になりましたね。でも無料Wi-Fiだと、セキュリティ面で問題もあるといった点などから、専用Wi-Fiの導入を考える方も増えました。

そういった方の中には、Wi-Fiを安い料金で使いたいけれど、どれが本当に安くて良いサービスなのか分からず、お困りの方も多いようです。

そこで今回は、Wi-Fiルーターの種類から、自分に適したWi-Fi環境にするための選び方、安く導入する方法まで解説していきたいと思います。

Wi-Fi環境を構築するためにはどうしたらいい?

まず押さえておきたいのが「Wi-Fiとは何か」という点になります。Wi-Fiとは「アクセスポイント」とも呼ばれ、パソコンやスマホ、ゲーム機、プリンターなどを「無線の電波で接続する機能」のことを指します。

通常は建物などにインターネット回線を引き込み、まず回線をLANで通信できるようにする装置(光回線の終端装置(ONU)やモデムなど)が取り付けられます。その次にインターネット接続と、1回線のLANポートから複数の機器を同時に繋げられるようにする「ルーター」が取り付けられます。

このルーターには有線LANポートが複数付いていますが、その接続を無線の電波で行う機能(=Wi-Fi)が組み合わさったものを「Wi-Fiルーター」と呼んでいます。要するに無線でインターネットに複数端末を接続するためには「Wi-Fiルーター」が必要というわけです。

Wi-Fiルーターにはどんな種類がある?

Wi-Fiルーターには、上述したようにモデムなどと有線でつなぐ「据え置き型」のWi-Fiルーターと、持ち運びのできる「ポケットWi-Fi(モバイWi-Fiルルーター)」の2種類が存在します。では、それぞれの特徴やメリット・デメリットについてみていきましょう。

Wi-Fiルーター(据え置き型)

光回線などからモデムを経由して取り付けるWi-Fiルーターは、ポケットWi-Fiのように持ち運びはできませんが、PCやスマホはもちろん、Wi-Fi対応のプリンターや家電、オーディオなどを接続できるなど利用範囲が広いという特徴があります。また、光回線を経由しなくても電源のみでWi-Fi環境を構築できるWi-Fiルーターも存在します。それでは据え置き型のWi-Fiルーターのメリット・デメリットもみていきましょう。

Wi-Fiルーター(据え置き型)のメリット

ポケットWi-Fiに比べ、通信が安定している
据え置き型のWi-Fiルーターは、インターネット回線から有線で直接つながっているため、通信電波が常に安定しています。端末との距離や、障害物の有無にもよりますが、ポケットWi-Fiに比べて電波も強いのが特徴です。

通信速度が速い
Wi-Fiルーターの規格や自宅までの回線の種類にもよりますが、光回線を利用の場合はポケットWi-Fiと比較すると電波の帯域幅も選べ、通信速度が速くなります。データ量の大きい動画などをダウンロードする際もストレスフリーで利用ができます。

同時接続できる端末数が多い
据え置き型のWi-Fiルーターは、Wi-Fi対応の周辺機器を同時に接続して使う場合がほとんどなので、多くの端末が同時接続できるように設計されています。

Wi-Fiルーター(据え置き型)のデメリット

持ち運びができない
基本はインターネット回線と有線でつなぎ、電源もコンセントから供給されるため、ポケットWi-Fiのように持ち運びができない点はデメリットになります。

インターネット回線がない場合は別途契約・工事が必要
Wi-Fiを導入したい施設でも、まだインターネット回線が引き込みがされていない場合は、回線の契約と引き込み工事が必要となるため、導入までに時間や費用がかかる場合があります。

なお最近では、回線を利用せずともネット環境を構築できるWi-Fiルーターも出回ってきました。

ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)

ポケットWi-Fiは、4G(LTE)などのモバイル回線や、無線LANとの通信機能を備えています。バッテリーも搭載しているので持ち運びができるのが大きな特徴です。簡単に言えば「持ち運びができる無線タイプのインターネット」です。

なお「ポケットWi-Fi」という言葉は、イーモバイル(現ワイモバイル)の登録商標であり、実際には「モバイルWi-Fiルーター」の一種なのですが、現在では一般名詞として定着してしまっているようです。そこで本記事でも「ポケットWi-Fi」に統一させていただいております。

ポケットWi-Fiのメリット

持ち運び可能
前述でも記した通り、いつでもどこにでも持ち運びできるのが一番大きなメリットです。

回線工事が不要で気軽にネット接続ができる
ポケットWi-Fiは無線のインターネットなので、光回線のような回線工事は不要です。そのため、お申込みをすれば1週間程度で手元に届き、すぐに利用が可能です。転居の多い方には特に大きなメリットでしょう。

光回線に比べて月額料金が安いものが多い
一般的に光回線は、プロバイダ料込みで月額5,000円~6,000円程度となっていますが、ポケットWi-Fiであれば毎月の通信制限がないプランでも4,000円前後で利用することが出来ます。

ポケットWi-Fiのデメリット

固定回線に比べて通信が不安定
無線のインターネットは、電波環境に大きく左右されますし、各キャリアのポケットWi-Fiでもエリアというものが存在してしまうので、実際には利用できないところがあることも否めません。また建物内では電波の届く範囲が限られ、壁越しの通信などには向きません。

ポケットWi-Fiそのものを持ち歩く必要がある
ポケットWi-Fiは持ち運びができることがメリットでもありますが、逆に常に持ち歩かなくてはならないうえに、充電しておかないと使い物にならない点はデメリットとも言えます。

同時接続できる回線数が少ない
ポケットWi-Fiは1台で複数台の端末と同時に接続できますが、後述する「据え置き型のWi-Fiルーター」に比べると接続できる台数は少なくなります。転居の多い単身の方や、外出先でもたくさんのデータ量を利用する方の専用機器とも言えるでしょう。

簡単にWi-Fiを導入したいならレンタルする手もある

前項でWi-Fiルーターの種類とメリット・デメリットについて紹介しましたが、どちらが良いか使ってみないとわからないという方も多いのではないでしょうか?

Wi-Fiルーターは購入するとなると機器代金がかかりますし、契約も2~3年縛りになるのが通常で、途中解約すると違約金も発生します。そんな時にはWi-Fiルーターを「レンタルする」という手段があります。レンタルの場合、基本的に1年ごとの契約になるので、短期間の利用にも向いています。

長期利用が確定していて、契約期間の縛りがあっても良い場合は、Wi-Fiルーターを購入したほうが実質お得にはなります。まだ未確定であったり、光回線引き込み工事期間中だけの利用、基本的にスマホの接続にのみ利用するなどの場合は、レンタルしたほうが簡単に導入できますしお得にもなります。

自宅の場合はどれがおすすめ?

自宅に光回線がすでに引き込みされていて、PCのほか周辺機器を接続したい、家族で利用したい、長期利用が確定しているなどの場合には、据え置き型のWi-Fiルーターを購入・契約するのが良いでしょう。

単身の方や、自宅以外でも利用が多い方の場合は、ポケットWi-Fiの利用がおすすめになります。購入かレンタルかという話になれば、やはり長期間の利用や、通信会社が決まっている場合には、購入のほうがお得になると思われます。

しかし、2~3年の契約期間の縛りを受けたくない場合や、転勤の可能性があり長期で使うか未確定の場合には、据え置き型Wi-Fiルーター・ポケットWi-Fiともにレンタルで利用してみるのが良いでしょう。

オフィスや店舗の場合はどれがおすすめ?

基本的に移転などの心配がないオフィスや店舗の場合には、外に持ち出すこともないので、据え置き型のWi-Fiルーターを設置することをおすすめします。初期コストを削減したい場合は月々100円から利用ができるレンタルプランもあるので、導入費用を抑えたい場合はレンタルが良いでしょう。

現在、仮店舗の場合や、移転する可能性のあるオフィスなどの場合は、確実にレンタルがおすすめです。

まとめ

以上、Wi-Fiルーターの種類から、用途別のおすすめなどを解説させていただきました。Wi-Fi環境を構築したくても、生活習慣や利用用途に合わせて選別が必要になります。長期間の利用が確定している場合は、購入するのが一番安くなる場合もあります。

しかし近年、Wi-Fiルーターを含め通信機器の性能がどんどん向上しており、今購入したWi-Fiルーターも数年後には旧仕様となり、性能が低く感じられる場合も想定されます。

レンタルの場合、万が一故障した場合でも代替品と交換ができますし、古く感じたら新しいWi-Fiルーターへのレンタルに変更するなど、臨機応変な対応ができます。そういった意味も含めると、実際にはレンタルの方がおトクな選択肢ともいえるのではないでしょうか。