最近Wi-Fiの通信速度が落ちた…。原因はWi-Fiルーターの寿命かも??

みなさん、「最近、Wi-Fiの通信速度が遅いな…」と感じたことありませんか?実はそれ、Wi-Fiルーターが寿命を迎えているサインかもしれません。ご自宅のWi-Fiルーターの寿命が来る前に、Wi-Fiルーターの寿命について知っておきましょう!

あわせて見ておきたい記事!
WiーFiに繋がったけど通信速度が遅いのはなんで?原因と改善方法まとめ
Wi-Fiがつながらない!トラブル解決の5つの対処方法

Wi-Fiルーターが寿命を迎えたときの症状とは?

先ほどもお伝えした通り、実はWi-Fiルーターには寿命があります。
電源が入らない・繋がりが悪い・速度が遅い・通信が切れるなどといった症状は、お持ちのWi-Fiルーターの寿命が近いサインかもしれません。

Wi-Fiルーターの寿命は何で決まる?

Wi-Fiルーターの寿命は、機器本体の寿命と通信規格の寿命という2点で考えられます。機器本体の寿命とは、機器本体の破損や故障など、本体自体が壊れてしまうことです。一方、通信規格の寿命とは、機器本体は使えるものの、対応する通信規格が古いことにより通信速度やセキュリティーなどが劣化してしまう状態を指します。つまり、通信技術が古くなる=ルーターの寿命となってしまうのです。

Wi-Fiルーター寿命の目安は?

機器本体と規格本体の寿命の目安は、それぞれ下記のようになってています。

機器本体:4〜5年
規格本体:2〜6年

意外と短いですね。「Wi-Fiが繋がりにくいと思っていたら、実は購入から4〜5年が経っていた」なんてこともあるかもしれません。

Wi-Fiルーターに不調が現れたり、寿命年数が近づいて来たりして、次のWi-Fiルーターを購入することを考えると、「またあの面倒な初期設定をしなきゃいけないのか…」なんて思ったり、不安になったりすることありませんか?そんなときは、初期設定不要・月額100円でレンタルできる『Wi-Fiレンタルプラン』がおすすめです。

レンタルWi-Fi


初期費用を抑えたい方や、どんなルーターを使うか迷ってる方でも手軽に始められるプランです。

【特徴】
・初期設定は設定済み
・壊れたら新しいものと交換
・Wi-Fiの速度判定ができる
・届いたらすぐ利用可能

レンタルWi-Fiのメリット・デメリットは?

はじめに、レンタルWi-Fiのメリットは、使い心地を試すことができることです。Wi-Fiルーターを購入してみたけれど、通信速度が速くなかったなどの失敗はしたくありませんよね。レンタルであれば、仮に届いたルーターが合わなくても、契約期間終了後に返却することができます。
しかも、レンタルWi-Fiは初回二ヶ月間無料。さらに、壊れてしまっても新しいものに変えることができるので安心です。

ではさっそく、Wi-Fiルーターを購入した場合と比較してみましょう。

TP-Link Archer C7を購入した場合


参照:https://www.tp-link.com/jp/home-networking/wifi-router/archer-c7/

価格:12,570円(メーカー参考価格)

【メリット】
・通信可能な範囲が大きい
・一括で支払える

【デメリット】
・初期設定が大変
・お試しすることができない

プラットWi-FiプランSSプランを利用した場合


参照:https://wifiknowledge.com/rental#plan

【メリット】
・初期設定は設定済み
・Wi-Fiの速度判定ができる
・壊れたら新しいものと交換
・合わなくてもプランを変更できる

【デメリット】
・月額100円(税別)がかかる

比較してみると、レンタルには様々なメリットがあることが分かります。
また、実際使ってみて「もう少し範囲を広くしたい」「もっと速度を速めたい」などのご希望があれば希望に沿ったプランに変更することができるのはレンタルならではの最大のメリットといえます。

でもここで気になるのは、月額100円とはいえ、「結局、購入するよりも多くの金額を支払うことになるのでは?」という点だと思います。
しかし、そんなことはございません!4年間レンタルした際の金額を計算してみると・・・

【初年度】   月額100円×10ヶ月=1,000円 ※初回二ヶ月無料
【2〜4年目】  月額100円×12ヶ月=1,200円
《合計》  1,000円+1,200円×3年=4,600円(4年間)

購入したルーターを4年間使った場合に比べ、レンタルの方が安くなることがわかります。
また、この「プラットWi-FiプランSSプラン」では、壊れたら新しいものとすぐに交換できるので、本体寿命のことを考えずに快適に使えます。そうした点も含めて考えると、購入よりもレンタルの方がお得なのです。

まとめ

実はWi-Fiルーターは永遠に使えるものではありません。本体が故障したり、対応する通信規格が古くなったりするため、定期的に買い替える必要があるのです。その度にルーターの設定などを行うのが面倒であれば、ルーターのレンタルを視野に入れるのも良いでしょう。この機会にプラットWi-Fiプランを使い、快適なWi-Fi生活を手軽に実現してみてはいかかでしょうか?

WiFiを安く導入するならレンタルプラン

関連タグ

  • wifi
  • wifiルーター