Wi-Fiルーターの置き場所はどう決める?避けるべき設置場所と速度低下の原因を解説!

自宅やオフィスにWi-Fiを導入してみたものの、「なんか通信速度が遅いな…」と感じたことはありませんか?Wi-Fiが遅くなる現象には、本体の故障や回線等の様々な原因が考えられますが、ルーターの設置場所もその一つです。今回は、Wi-Fiルーターを設置場所に関する注意点や、やってしまいがちなNG事項について解説いたします。

Wi-Fiルーターの設置場所は通信速度に影響する


「置き場所だけで?」と思うかもしれませんが、Wi-Fiルーターの置き場所が悪いと、電波が届かない死角ができてしまったり、電波を遮って本来のパフォーマンスを発揮できなかったりします。たかが置き場所と甘く見ず、ルーターの設置場所はきちんと見極めましょう。

Wi-Fiルーターを置いてはいけない場所


次のような場所にWi-Fiルーターを設置すると、通信速度が遅くなる可能性があります。

1.床に置く

Wi-Fiルーターの電波は四方八方に弧を描くようにして広がっています。そのため、ルーターを床に直置きしてしまうと、電波が床に反射してしまうため、結果として電波が遠くまで届きにくくなってしまいます。棚の上など、できるだけ高い位置にルーターを設置するようにしましょう。

2.周囲が囲まれた場所に置く

Wi-Fiルーターをラックに置いている方も多いと思います。ところが、ルーターの周りを囲むようなタイプのラックの中に置いてしまうと、電波が遮られてしまいます。また、オープンラックなどを使っていたとしても、周囲に物が多く置かれている状態では、周りの物が障害物となり、電波の通りを悪くしてしまいます。

3.水槽の近くに置く

意外かもしれませんが、Wi-Fiルーターの電波には水を通過しにくいという性質があります水槽の横に置くのはもちろん、ルーターとPCなどのデバイスの間に水槽がある場合も電波の通りは悪くなります。水槽・ルーター・デバイスの位置関係には注意しましょう。

4.部屋の隅に置く

先程も記述しましたが、Wi-Fiルーターの電波は四方八方に向かって発信されています。そのため、部屋の隅に置くと電波の広がりを活かせず、電波が届かない死角を生みやすくなってしまうのです。理想は部屋の中央ですが、難しい場合はせめて部屋の四隅は避け、できるだけ部屋の中心に近い場所に設置するのが良いでしょう。

5.窓際に置く

窓際にWi-Fiルーターを設置すると、自然と部屋の隅に置くことになってしまうだけでなく、直射日光によりルーター本体の温度が上昇してしまいます。コンピューター機器であるWi-Fiルーターは熱に弱いため、高温にさらされることで「熱暴走」を引き起こし、情報処理に異常をきたす恐れがあります。窓際への設置は絶対に避けましょう。

6.他の電子機器の近くに置く

電波を発する機器から遠い場所にWi-Fiルーターを設置してしましょう。中でも、注意したいのが電子レンジやテレビです。これらの機器はWi-Fiルーターと同じ周波数帯を利用していることも多く、電波干渉を起こしてしまい、結果としてWi-Fiの通信速度の低下を招きます。

その他の注意事項


設置場所の他にも、次のようなことでもWi-Fiの通信速度低下につながります。

Wi-Fiルーターに布やカバーを被せる

ほこりが気になるからといって、Wi-Fiルーターに布やカバーを掛けるのも避けましょう。素材によっては電波の通りを悪くしてしまうばかりか、熱がこもって故障に繋がらる可能性があります。

情報分電盤の中にWi-Fiルーターを入れる

家庭での導入が進みつつある情報分電盤ですが、Wi-Fiルーターを中に入れるのはおすすめしません。確かに配線がしやすく、部屋がごちゃごちゃしない等のメリットはあるのですが、情報分電盤は部屋の隅に設置されていることも多く、またボックスに入れることで電波を遮ってしまう可能性があるからです。

まとめ

Wi-Fiルーターの設置場所を決める際には、様々な注意点があることがわかりました。Wi-Fiの速度が遅いと感じたとき、ルーターの位置を変えるだけで解決するケースも少なくありません。今回挙げた注意事項に当てはまる状況でルーターを利用されている方は、設置場所を変えることをおすすめします。

関連記事
WiーFiに繋がったけど通信速度が遅いのはなんで?原因と改善方法まとめ
Wi-Fiがつながらない!トラブル解決の5つの対処方法
最近Wi-Fiの通信速度が落ちた…。原因はWi-Fiルーターの寿命かも??